写真提供:マイナビニュース

写真拡大

TVアニメ、ゲーム、玩具などクロスメディアで展開し、現在小学生を中心に爆発的な人気を誇っている『妖怪ウォッチ』のカードゲーム『妖怪ウォッチ とりつきカードバトル』の累計出荷数が、発売から約1カ月で累計出荷数2,000万枚を突破したことが明らかになった。

『妖怪ウォッチ とりつきカードバトル』は、バンダイのカード事業部が展開する2人対戦型のトレーディングカードバトルゲーム。アニメやゲームに登場する妖怪の召喚はもちろん、妖怪にとりついてバトルを行う"とりつく"要素が醍醐味で、『妖怪ウォッチ』の世界観がカードで再現されている。カードバトルは15枚から遊べるが、カードを増やしていくことで、より戦略的なカードバトルを楽しむことができる。

バンダイは、5月2日に『妖怪ウォッチ とりつきカードバトル 第1弾』(ブースターパック5枚入り150円/自販機ブースター枚入り100円)、『妖怪ウォッチ とりつきカードバトル スタートパック〜はじめてのともだち〜』(500円)を発売。発売から約1カ月足らずで累計出荷数2,000万枚を突破し、ゲーム、アニメ、漫画などに続き、大ヒットを記録している。

完売続きの『妖怪ウォッチ』関連アイテムだが、カードについては追加生産分も随時出荷中で、比較的手に入れやすいという。公式サイトでは、全国の量販店等に展開中の『妖怪ウォッチ』自販機の検索システムも導入している。

さらに、『妖怪ウォッチ とりつきカードバトル 第2弾』は7月18日に発売予定。5枚入りのブースターパック(150円)と3枚入りの自販機ブースター(100円/7月中旬予定)が展開され、新たに80種類もの妖怪がカードで登場する。1弾では収録されていなかったレジェンド妖怪に加え、妖怪の種族も全8種族のラインナップで、特性を生かしたカードバトルが可能となる。また、7月10日に発売が予定されているニンテンドー3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』に登場する新妖怪が早くも参戦するという。

(C)L5/YWP・TX