写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●トッキュウオーが超合金で登場、ACシリーズは7月に『仮面ライダー鎧武 極アームズ』日本玩具協会が主催する「東京おもちゃショー 2014」が、6月12日〜15日の4日間にわたって東京ビッグサイトにて行われた。

最新玩具や各メーカーの一押し商品が集結した同イベントだが、中でも最大規模のブースを出展していたのがバンダイ。同社としては、藤子・F・不二雄氏が生み出した人気キャラクターたちが変形、合体ロボットになる玩具『超合金 超合体!SF ロボット 藤子・F・不二雄キャラクターズ』、そして、2015年12月18日に公開が予定されている『スター・ウォーズ エピソード7』でも話題の『スター・ウォーズ』玩具シリーズへ参入などが大きな話題となった。

実際のブースでは、『仮面ライダー』シリーズや『ウルトラマン』といった特撮作品をはじめ、ヒット作品の関連玩具やガシャポンなどの新プライズなどを多数展示。そのほかにも、話題の『妖怪ウォッチ』がマスコミ、来場者ともに注目を集めていた。イベントの特性上、子供向け玩具が中心の展示となるが、この夏にサービスが始まるトレーディングカードとブラウザゲームを組み合わせた『ガンダム デュエルカンパニー』のような、子供から大人まで楽しめるコンテンツも紹介された。

本記事では、バンダイブースの中から注目の新商品をピックアップして紹介する。

●『妖怪ウォッチ』新商品も続々と登場

(トランジスタ)