利用しているオーラルケア用品

写真拡大

ネオマーケティングは「オーラルケアに関する調査」をおこない、結果を2014年5月30日、公表した。

もっとも利用している人が多いのが「歯ブラシ」

それによると、「会社員女性」「会社員男性」「主婦」のうち、口のエチケットについてもっとも気を配っているのは会社員女性であることがわかった。「とても気を配っている」「気を配っている」「やや気を配っている」を合計した数字が、80.9%ともっとも多く、主婦の77.4%、会社員男性の65.3%を上回った。

また、利用しているオーラルケア用品を聞くと、もっとも利用している人が多いのが「歯ブラシ」で90.3%。次いで「歯磨き粉」が82.6%、「マウスウォッシュ(デンタルリンス)」が40.5%となった。「歯ブラシ」、「歯磨き粉」、「マウスウォッシュ(デンタルリンス)」ケア用品3種類は「会社員男性」、「会社員女性」、「主婦」を通じて、すべてが3割を超える結果となっている。

調査の対象としたのは1日1回以上歯を磨く全国の35歳〜69歳の会社員男性300人・会社員女性350人・主婦350人の合計1000人で、調査期間は2014年5月9日から12日。