2013年2月、国際オリンピック委員会(IOC)は、2020年五輪で実施する中核競技からレスリングを外すと決定。古代オリンピック競技であり、近代オリンピックでは第1回大会から続く伝統ある競技ながら、オリンピックから除外される危機に直面したレスリングは、ネナド・ラロビッチ新会長のもと組織改革を断行した。さらに、延長戦で攻撃権を選択するボールピックアップなど分かりにくいルールを変えるとともに、各階級も変更。すべての競技において男女平等を目指すIOCの意向に沿って、女子の階級を4から6へ増やしたことは、オリンピックに存続できた大きな要因だろう。

 2016年リオデジャネイロ・オリンピックは、男子フリースタイル、男子グレコローマンスタイル、女子スタイルそれぞれ6階級で実施される。それを受けて、6月14日〜15日に東京・国立代々木競技場第2体育館で開催された全日本選抜選手権は、国内で初めて新階級で行なわれた。

 オリンピック3連覇の偉業を達成し、2年後のリオでは4連覇に挑む吉田沙保里、伊調馨が出場する女子スタイルの新階級は、48キロ級、53キロ級、55キロ級、58キロ級、60キロ級、63キロ級、69キロ級、75キロ級の8階級。世界選手権、大陸選手権、ワールドカップなどはこの8階級で行なわれるが、オリンピックでは55キロ級と60キロ級をのぞく6階級となる。

 新階級にあわせて、吉田はそれまでの55キロ級から53キロ級に、伊調は63キロ級から58キロ級に変更した。レスリングに限らず、体重によって階級が分けられる競技では、ベテランとなればアップすることはあっても、ダウンすることは通常ありえない。だが、ふたりの女王はあえて下の階級を選択した。

 吉田の体重は、普段から55キロあるかないか。伊調も高校入学当時は、55キロ級で吉田とともに戦っていた。ところが、日本レスリング協会強化委員長であり、当時ふたりが在籍していた中京女子大学・附属高校(現・至学館大学、至学館高校)の監督であった栄和人はアテネオリンピックを見据え、体重の軽い吉田をそのまま55キロ級に、身長のある伊調を63キロ級に振り分けた。その結果、ふたりともこれまで減量の心配はまったくなく、大会直前まで体重を気にせず追い込んだ練習をできたことが、強さの秘密のひとつだった。

 また、北京オリンピック後、レスリング道を追求し、自らのレスリングの確立に精進し続ける伊調には、「余分な脂肪をそぎ落とし、絞りきった身体で戦ってこそレスリング」との理想がある。それゆえ、旧階級で行なわれた昨年暮れの天皇杯全日本選手権でも、伊調は63キロ級から59キロ級(※)に落として戦っている。

※オリンピック以外(世界選手権や全日本選手権など)の女子スタイルの旧階級は、48キロ級、51キロ級、55キロ級、59キロ級、63キロ級、67キロ級、72キロ級の7階級。

 そして今大会、ふたりは新階級になっても、段違いの強さをいかんなく発揮。他をまったく寄せ付けずに優勝を果たし、今年9月にウズベキスタンのタシケントで行なわれる世界選手権の切符を手に入れた。

 大会前の減量苦はなかったものの、逆に体重が落ち過ぎたという吉田は、優勝インタビューで「慎重になり過ぎました。まだ自分の階級になってなく、軽い選手の動きの速さに戸惑った部分もあり、腰高になって攻められました」とコメント。一方、今年1月のヤリギン国際大会(ロシア)ですでに58キロ級での戦いを経験している伊調は、3月に痛めた首のヘルニアが悪化していたことを感じさせず、2試合ともに完封勝利。孤高の強さを見せつけながらも、「まだ、58キロ級の戦いがつかめていません」と厳しい表情で、いつもの伊調らしさをのぞかせていた。

 日本レスリング協会は、「2020年東京オリンピックで金メダル10個」と宣言している。目標を達成するためには、女子が6階級中、少なくとも5階級で金メダルを獲らなければならない。アテネ、北京オリンピックでは4階級で金メダル2個、ロンドンでは同じく4階級で3個の金メダルを獲得している。また、今年3月に東京で開催されたワールドカップ国別団体戦では、強豪ロシアとの決勝戦で7戦全勝をマークした。オリンピックでの実施階級が増えたことで、リオではこれまでの大会を上回る金メダル量産が期待されるだろう。しかし、思わぬ落とし穴があることを、見逃してはならない。

「ライバルがライバルを強くする」
「ベテランは若手の突き上げがあってこそ、さらに強くなる」

 勝負の世界で使い古された格言だ。

 だが、吉田や伊調を倒し、自らの時代を築くべく虎視眈々と狙っている若手が、果たして国内にどれだけいるだろうか。ロンドンオリンピック前、吉田を追い詰めた村田夏南子(日本大)は、吉田との対戦を回避してか、60キロ級で出場。全日本選手権の決勝戦で吉田と戦った浜田千穂(日本体育大)は、オリンピックでの階級として採用されていない55キロ級に留まった。村田、浜田ともに世界選手権出場の経験がないため、「まずは全日本選抜で優勝して世界選手権の切符を......」という気持ちもあるだろうが、打倒・吉田の執念をもっと見せてほしい。

 負傷した伊調に代わって今年のワールドカップに出場し、全勝を飾った川井梨紗子(至学館大)は58キロ級にいたものの、他の選手は伊調との対戦を避けてか、出場選手はわずか4名。新階級でひとつでも多く試合を経験し、「自分の階級」にしていきたいのに、国内では質・量ともにライバルが少なすぎる。

 世界中の国が吉田や伊調との対戦を避け続けてくれば、ふたりの栄華は続くだろうが、そうも行くまい。

 今年7月には、女子レスリング王国ニッポンの胸を借りようと、フランス代表チームが来日する。女子レスリングの「虎の穴」と呼ばれる新潟・十日町で合同合宿が行なわれるが、吉田と伊調は口を揃えて、「本番さながらのスパーリングを数多くこなしたい」と語っていた。加えて伊調は、「この夏、可能な限りはヨーロッパなどで行なわれる国際大会に出場して、世界選手権につなげたい」と計画している。

 吉田沙保里、31歳。伊調馨、30歳。依然として、国内で突出した実力を誇る女王たちが、今後どのように自らを鍛えていくのか、注目される。

宮崎俊哉●構成・文 text by Miyazaki Toshiya