松本人志

写真拡大

15日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、コメンテーターの中居正広が日韓関係について「謝るところは謝ればいいんじゃないですか?」とコメントし、松本人志が苦笑する一幕があった。

この日放送の同番組では、読売新聞と韓国日報が共同で行った世論調査を取り上げた。この調査で、現在の日韓関係は「悪い」と答えた人が日本で87%、韓国で86%に達し、また(それぞれの)相手国を信頼「できない」と答えた人が日本で73%、韓国で83%となったことも紹介された。

そして、日韓関係悪化の要因として、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が国際社会に向けて日本への批判を繰り返していること、安倍晋三首相が、昨年靖国神社を参拝したことなどが、双方の信頼を低下させているのではないかとVTRで解説した。

これに対し中居は民間(個人の)レベルでは関係が悪いことは「全くないじゃないですか」と話し「韓国の俳優さんとかアーティストが(日本に)来ても、全然なんともないですもんね。ウェルカムですし」と見解を語った。

松本は「一時、韓国ブームがあって、アーティストほとんどが韓国で、日本の芸能人も韓国のミュージシャンが好きで、もうそれで凄かったのよ。それがこんなことになるかっていうぐらいね」と語る。音楽番組「HEY!HEY!HEY!」(フジテレビ系)をやっていた頃は、現在の状況は全く予想していなかったようだ。

司会の東野幸治も「どっかで自主規制しているのか分かりませんけど、ピタッと最近は…あんま出てこないですよね。歌番組」と、韓流アーティストがTVに出てこなくなったと指摘。中居は「ほんとだ」「あれ、それって政治の…え、そういうこと?」と驚いた。

松本は「隣国やからしょうがない部分はあると思うよ。別に我々ブラジルを嫌いになる理由もないから遠過ぎて」「(例えばマンションなどでも)201号室と202号室と住んでたらそりゃ色々あるやんか。壁も薄いし」と、隣国であるがゆえの特殊性を強調。

一方、中居は「謝るところは謝ればいいんじゃないですか?」「(マンションの)隣同士で、騒音がうるさかったね、そこは謝ると」と、松本のたとえにあてはめて語ったが、それを聞いていた松本は苦笑した。

さらに、中居は「違うの?」「謝ったら負けとかそういうレベルなんすか?」と質問したが、ほかの出演者らは「そこが一番難しいところ」「お互いの言い分がある」と、難しい政治的な問題であることを説明した。

中居は「お話すればいいのにね。韓国も日本と仲良くしたほうがいいと思いますよ。韓国に限らず、世界どこの国もみんな仲良くしたほうがいいんですもん。譲り合って、歩み寄ってって、助け合ってって」と持論を展開していた。

この話題では、終始ほかの出演者らと違った空気感を出していた中居に対して、他の出演者は慎重に言葉を選びながら番組を進行させていた。

【関連記事】
SMAP中居正広、アンタッチャブル・柴田英嗣に「浮気」ネタ振り、柴田「本当に申し訳ないなっていう…」
「フリーの麻酔科医はアルバイトだけで2000万円稼ぐ」 医師の収入暴露にSMAP中居正広が驚き
SMAP中居正広も驚く、モデル・舟山久美子の副業 2日で9,500万円の売上