写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、「iOS」「Android」および「Kindle Fire」端末向けの大ヒットパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』(『パズドラ』)と、6月21日より公開されるCGアニメーション映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』のコラボレーション企画を、6月23日よりスタートすることを発表した。

今回のコラボ企画では、映画の舞台となる「聖域(サンクチュアリ)」をモチーフとしたデザインのコラボダンジョンで、背景やダンジョン内の楽曲もコラボ仕様に。コラボガチャでは、「聖衣(クロス)」と呼ばれる防具を纏う前のキャラクターたちのみが出現し、進化させることで「聖衣(クロス)」をまとった「聖闘士(セイント)」へと進化。おなじみの「青銅聖闘士・星矢」「青銅聖闘士・氷河」「青銅聖闘士・紫龍」「青銅聖闘士・瞬」、そして「青銅聖闘士・一輝」などの「青銅聖闘士(ブロンズセイント)」たちを含む人気キャラクターたちが出現するという。

さらに、コラボダンジョン内では「黄金聖闘士・アルデバラン」や「黄金聖闘士・サガ」、「黄金聖闘士・デスマスク」「黄金聖闘士・ミロ」など、88の星座の中でも頂点を極めた最強の「黄金聖闘士(ゴールドセイント)」たちが出現。ダンジョンで倒した時にドロップするタマゴを持ち帰ることができれば、他のダンジョン同様、コラボキャラクターたちを仲間にすることが可能となる。ダンジョン情報の詳細は、後日アナウンスされる。コラボ企画の実親期間は6月23日0:00〜2014年7月6日23:59。

「アンシー国際アニメ・フェスティヴァル」の招待上映作品にも決定し、6月21日に公開を控えている『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』は、1985年から1990年にかけて漫画誌『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載された車田正美氏原作の『聖闘士星矢』をCGアニメーション化した作品。原作・TVアニメともに非常に人気の高い「聖域十二宮編」が描かれ、「車田正美・熱血画道40周年記念映画」として車田氏自らがタイトルを命名している。監督は『TIGER&BUNNY』シリーズなどで知られるさとうけいいち氏、脚本は鈴木智尋氏が担当。一新されたキャラクターや聖衣(クロス)のデザインも大きな話題となっている。

(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C) 車田正美/東映アニメーション
(C) 2014 車田正美/「聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY」製作委員会