「宇宙兄弟」にクロマニヨンズ、原作者「熱い気持ちになれる凄い曲」。

写真拡大

人気マンガ「宇宙兄弟」の“夢の原点”を、原作者・小山宙哉オリジナル脚本で描く劇場アニメ「宇宙兄弟#0」の挿入歌に、ザ・クロマニヨンズの「雷雨決行」が起用されることがわかった。

「雷雨決行」は2011年にシングルとしてリリースされ、今年4月に発売されたシングル・コレクション「13 PEBBLES」にも収録。ファンから絶大な支持を得ている曲として知られている。作者がザ・クロマニヨンズのファンということから、後押しされた渡辺歩監督が起用を決定した。

この選曲について小山は「甲本ヒロトさんの歌声はとても魅力的で人に何かを伝えるパワーに溢れています。僕もそれをヘッドホンからずっと受け取ってきた内の一人なのですが、このクロマニヨンズの『雷雨決行』を聴いた時のポジティブな感覚と高揚感は凄まじいものがあり、『宇宙兄弟』に関わる人みんなに聴いておいてもらいたくてアニメの監督にもCDを送ったりしました。『映画の挿入歌にぜひ使いたい』とは監督からの希望でしたが、それは僕も嬉しくて興奮し、実現することになって感謝しております。『雷雨決行』は聴くだけで熱い気持ちになれる凄い曲です。映画の映像と合わさることによって新たな感動が生まれることを願っています」と喜びのコメントを寄せている。

映画「宇宙兄弟#0」は8月9日(土)全国ロードショー。