市民ランナー・中島彩の「続・東京マラソンへの道」

 みなさん、こんにちわ! 『走るフリーアナウンサー』の中島彩です。夜でも寒くない季節になってくると、全国各地で「ウルトラマラソン」が続々と開催されます。ウルトラマラソンとは、42.195キロ以上の距離を走るマラソン大会のことです。普段、健康の一環として走っているランナーの方からすれば、「私には関係ないわ」と思うかもしれません。たしかにそうですよね。フルマラソンを完走するのだって大変なのに......。でも、私はハマってしまったんです。ではなぜ、私はこんな過酷なマラソンに魅了されたのか、今回は私の「ドM」っぷり(?)についてお話したいと思います。というわけで、今週のテーマは、「RUN×ウルトラマラソン」。きっと、ウルトラマラソンの魅力を、みなさんにも分かってもらえると思います。そして最後には、重大発表がありますよ!

☆フルマラソン以上の刺激を求めてしまうのは性(さが)?

 私はこれまで、50キロマラソンと60キロマラソンを各1回、そして100キロマラソンを2回走りました。それを聞いたランナー仲間は、「すごいけど、なぜそんな苦しいことをやるの?」と、みなさんおっしゃいます。そう思いますよね(笑)。私は、ひと言で説明するのが難しくて、「フルマラソンでは味わえない何かがあるから!」と答えてしまいます。答えにはなっていないんですが......(笑)。

 まずはウルトラマラソンについて、改めて説明させてください。ほとんどのウルトラマラソンは、地方で行なわれています。フルマラソン以上の距離を走るコースを確保するためには、交通規制などの問題の多い都市部では開催しづらいのです。有名なウルトラマラソン大会の場所を挙げると、北海道のサロマ湖、高知の四万十川、京都の丹後半島、岐阜の飛騨高山と、どれも都市部から数時間ほどかかる場所で行なわれています。しかも、長時間に渡るレースなので、スタート時間は早朝の3時や4時。大会会場に到着した段階で、「やっと着いた〜」というちょっとした達成感があります。もちろん、ウルトラマラソンの魅力は、その到着時の達成感じゃないですよ(笑)。

 たしかに、フルマラソン以上の距離を走るのは、市民ランナーにとってかなり高い壁です。実際、完走できるランナーは、参加者の半分以下というケースがほとんどです。途中でリタイアしたり、制限時間の関門に引っかかって完走できずに終えることの多いレースなのです。

 42.195キロのフルマラソンの場合、ある程度練習を積んで、タイムさえ気にしなければ、完走できる可能性はとても高いと思います。しかし、ウルトラマラソンはベテランランナーでも、「絶対に完走できる」という確証がないのだそうです。以前、ウルトラマラソンの世界記録保持者とお話する機会がありました。どんな気持ちでレースに臨んでいるのか尋ねると、「どんな大会でも、レース中に何が起きるか分からない。『完走できないかもしれない』という気持ちを、常に抱えながら走っています」と教えてくれました。

 何度もウルトラマラソンで完走しているランナーでも、「リタイアするかもしれない」という不安と戦いながら走っているなんて......。正直、とても驚きました。ただ、この方の気持ちは、僭越(せんえつ)ながら少し分かるような気がします。というのも、私が100キロのウルトラマラソンを走ったときは、いろんな出来事に苦しめられたからです。大雨に降られるし、突風は吹くし、さらに泥沼に足を奪われるし、想像していなかった困難だらけ。しかも、100キロという距離は、まさしく『未知なる道』なので、「いったい、いつになったら終わるんだろう」という不安を抱えながら走りました。でも、ゴールした瞬間、フルマラソンでは得られない達成感を得られたんです! フルマラソンを何度も完走していると、それに慣れてしまって、もっと刺激が欲しくなってくるのでしょうか。途方もない距離を苦しみながらも挑戦したくなるのは、私の中に秘められた「ドM精神」なのかもしれません(笑)。

☆ゴール後に湧き上がってくる新たな感情とは?

 ウルトラマラソンはレース中盤以降、だんだんと苦しくなってきます。スタートしてから数時間も走っていると、身も心も限界に......。コースの脇をクルマが通ると、「リタイアして、このクルマに乗りたい」と思いますし、「なんでこのレースに参加しようと思ったんだろう」「もう一生、走りたくない」とまで考えてしまいます(笑)。でも、周囲にいるランナーが私と同じゴールを目指しているので、なんとか足を一歩踏み出して、また走り続けるのです。

 そんな状態で唯一、私を癒してくれるのは、なんといってもエイドステーション(給食所)ですね。100キロマラソンに参加したときは、10キロごとにエイドステーションがあったので、食べて、走って、また食べて......(笑)。フルマラソンのように1分1秒を争うような雰囲気ではなかったので、「急いで食事をしなければ!」という焦りもありませんでした。その雰囲気が、とっても好きなんです!

 そして、ウルトラマラソンの魅力を語る上で、欠かせない感情があります。それはゴールしたあとに、じわじわと沸きあがってくる「自信」です。何度も挫けそうになりながら、最後まであきらめずにゴールまでたどり着けたという事実は、「今後、どんな困難にぶつかっても頑張って乗り越えられる!」という自信になりました。完走後は、ちょっと自分のことを褒めたくなりましたよ。そして、レースの疲れも癒えた3ヶ月後ぐらいには、「また、ウルトラマラソンで自分の力を試してみたいな」と思えたりするんです(笑)。

 というわけで、ここで重大発表をします! 6月21日〜22日、私は、東京・江東区の夢の島公園で開催される「第13回24時間グリーンチャリティリレーマラソンin東京ゆめのしま2014」に参加することにしました! しかも、私がエントリーするのは、「24時間個人の部」。つまり、24時間でどれだけの距離を走れるのか、たったひとりで挑み続けるレースに参加するのです!これぞまさに、新たなる「未知の世界への挑戦」だと思っています。

 24時間走りきったあと、私の身体はいったいどうなっているのでしょう? 不安でいっぱいですが、フリーアナウンサーとして新たな挑戦の一部始終を伝えたいと思います。もし、近くに来ることがありましたら、ぜひ応援しに寄ってください! おそらく私は、疲弊しながら走っているような......(笑)。そんな私を発見したら、優しく見守ってくださいね!

【今週のRUN日記】

6月7日(土) 休足日6月8日(日) 休足日6月9日(月) 10キロ @赤坂6月10日(火) ヨガ90分6月11日(水) ヨガ90分6月12日(木) ヨガ90分6月13日(金) 10キロ @ジム

 今週の走行距離は20キロ。雨ばかり続いたので、ほとんど外で走れませんでした。しかも、激しい降り方だったので、室内でヨガをやって過ごしましたよ。来週は天気が回復しそうなので、24時間マラソンに向けて走り込みたいと思います!

 LET'S RUN WITH ME!!

 今日までの練習の様子は、ブログをチェックしてください!→中島彩オフィシャルブログ「走ろう!彩と。」

【profile】中島彩(なかじま・あや)1987年8月1日生まれ、大阪府寝屋川市出身。慶應義塾大学法学部卒。元東海テレビ報道スポーツ局。現在はキャスト・プラス所属のフリーアナウンサー、タレント。身長158センチ。趣味はマラソンの他に、政治研究。TBS系列「オールスター感謝祭13春」出演。テレビ神奈川「ハマナビ」リポーター。週刊プレイボーイ(集英社)の電子写真集「ケータイ週プレBook」より、初のグラビア写真集『あぶない女子アナ』が絶賛発売中!

中島彩●文 text by Nakajima Aya