LEICA DC VARIO−ELMARITレンズを採用

写真拡大

パナソニックは、世界初となる、4K動画撮影が可能な、大型1.0型センサーと光学ズーム16 倍(25 〜400mm)の性能をもつLEICA DC VARIO-ELMARITレンズを搭載したレンズ一体型デジタルカメラ「LUMIX DMC−FZ1000」を2014年7月17日に発売する。

起動、応答を高速化 一瞬のシャッターチャンス逃さず

高精細で臨場感溢れる動画撮影が可能なうえ、4K動画から約800万画素の静止画を切り出す新たな写真撮影方法を選べる。

センサーは従来機(DMC−FZ200)より4倍大きい1.0型高感度MOSセンサーを採用し、高感度撮影や被写界深度の浅い撮影も可能。レンズは歪曲・収差を抑え、周辺部まで高い解像力を誇る LEICA DC VARIO−ELMARITレンズを採用し、開放F値F2.8〜4.0、広角25〜400mmまでの光学16 倍ズーム(超解像iAズーム32倍)を搭載している。

また、オートフォーカスはピント位置の異なるライブ画像から瞬時に距離を検出する、独自の空間認識 技術(DFDテクノロジー)と新開発リニアモーター搭載により、高い精度と約0.09秒の高速化を実現。さらに、約0.66秒の高速起動や応答速度の高速化を可能した0.39型の約236万ドット有機EL(OLED)ファインダーにより、一瞬のシャッターチャンスを逃さず機動力に富んだ快適な撮影を楽しむことができるという。

オープン価格だが、ネット通販サイトなどでは9万5200円〜10万6000円で予約を受け付けている。