アンジー父“孫の演技”に感激「最高だよ。素晴らしい子だね」。

写真拡大

アンジェリーナ・ジョリーの父で、俳優のジョン・ヴォイト(75歳)は、映画「マレフィセント」で孫娘の姿を見ることが「素晴らしい」と感じたようだ。

ジョンは1982年「ルッキン・トゥ・ゲット・アウト」で、4歳の時に自身と共演して女優デビューを果たしたアンジーの娘、5歳のヴィヴィアン・ジョリー・ピットが、このディズニーの新作映画で“母娘”共演している姿を見て、2人をとても誇らしく感じているという。

「(ヴィヴィアンは)最高だよ。素晴らしい子だね」
「アンジェリーナとあの子をスクリーン上で見るなんてとても素敵なことだったし、2人ともすごく良かったよ。ただただ最高さ」
「アンジェリーナを見た時のように、小さな孫娘が頑張っているのを見るのは本当に素晴らしいことだよね」

そんなジョンだが、アンジーとヴィヴィアンの映画デビューについて「それぞれ別の人間だから比べることなんて出来ないよ。でもあの子を見るのは本当に驚きさ。本当だよ。素晴らしかったんだ」と語っている。