●みんなで踊るまでもない、ここは俺一人が踊れば十分だ

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 竹井10日・講談社/がをられ製作委員会
<キャスト>
旗立颯太:逢坂良太
菜波・K・ブレードフィールド:木戸衣吹
魔法ヶ沢茜:茅野愛衣
召喚寺菊乃:阿澄佳奈
盗賊山恵:花澤香菜
英雄崎凛:日笠陽子
忍者林瑠璃:諏訪彩花
吟遊院芹香:悠木碧
龍騎士原月麦:豊崎愛生
聖帝小路美森:田村ゆかり
深雪・マッケンシー:南里侑香
大名侍鳴:丹下桜
大司教河くるみ子:久野美咲
白亜・B・ブレードフィールド:加隈亜衣
桜:日高里菜
No.0:種田梨紗
エリア・ブレードフィールド:斧アツシ
権田原 風:平田真菜
野々宮 美子:巽悠衣子

●ストーリー
恋愛フラグ、友情フラグ、勝利フラグ、死亡フラグ。
『フラグ』それは人生の岐路に立つ、大切な分岐点を示す道しるべ。
ある事件以降、他人の頭に様々な『フラグ』が見えるようになった少年・旗立颯太は、その能力ゆえに他人と距離を置いてきたが、そんな彼に興味を持った美少女達とひょんなことからひとつ屋根の下で寮生活を送ることになってしまう。
次々と颯太の前に現れる、様々な美少女達との共同生活の行方は?
そして、彼が目にする『フラグ』が導く先に何があるのか…
●オープニング
吟遊院芹香「ご、ごめんなさい!匿って下さい!」

彼女がサングラスを外すと、

菜波・K・ブレードフィールド「はぁぁぁぁっ!芹きゅわぁん!」

そう、彼女は人気アイドルの吟遊院芹香。ですが、彼女を全く知らない旗立颯太。
●吟遊院芹香
吟遊院芹香「制服貸してくれてありがとう、菜波たん。」

彼女は最終日にライブをするために学園祭を下見に来ているようです。

それにしても菜波がここまで彼女の熱狂的なファンだったとは…。

吟遊院芹香「私もデビューのときは学園祭。ステージなんて無いから体育館をちょっと飾り付けをしただけ…。」

それからの彼女は1年半鳴かず飛ばずの名ばかりアイドル。そんな彼女の転機は偶然出会った男性。諦めかけていた彼女はその男性によって成功フラグを立てられ、それから半年で大ブレイクしたのですが…。

菜波・K・ブレードフィールド「なあ、旗立颯太くん。今のフラグを立てた男性に心当たりがあるんじゃが…。」
旗立颯太「さあ、何の事かな?(その男性、俺じゃん!)」
●学園祭の終了と共に去りぬ
菜波・K・ブレードフィールド「みなの者。時は来たのじゃ!学園祭を飾る最終イベントじゃ!」

最終イベントとはダンスパーティ。主要登場人物が全員着飾って気合い入りまくり!

吟遊院芹香のライブ、すると彼女のみならず多数の観客に光のフラグが!

ところが突然、世界が止まりNo.0が現れます。

No.0「お前のフラグ可視化のパワーアップによってサーバーがフリーズしたのだ。」

旗立颯太によってフラグを立てる事によって強力な負荷がかかり、次は世界の崩壊。それを受け入れるわけにはいかない彼。

そこで彼がとった方法は、

魔法ヶ沢茜「颯太くんって誰です?」
菜波「は?」


彼の記憶を関係者全員から抹消すること。

「彼女がフラグをおられたら」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「彼女がフラグをおられたら」第10話「オバ○のQ太○」(ネタばれ注意)
【アニメ】「彼女がフラグをおられたら」第9話「菜波と白亜、出生の秘密」(ネタばれ注意)
【アニメ】「彼女がフラグをおられたら」第8話「ブレードフィールド公国へようこそ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「彼女がフラグをおられたら」第7話「旗立颯太、フラグの秘密」(ネタばれ注意)
【アニメ】「彼女がフラグをおられたら」第6話「旗立颯太、妹を得る!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「彼女がフラグをおられたら」TVアニメ公式Webサイト
「彼女がフラグをおられたら」AT-X公式Webサイト