●無謀禁域

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐藤順一・岡田麿里・サテライト/M3プロジェクト
<キャスト>
鷺沼アカシ:松岡禎丞、井上麻里奈(幼少期)
破先エミル:日笠陽子
出羽ササメ:小岩井ことり
波戸イワト:前野智昭、佐藤利奈(幼少期)
霞ライカ:矢作紗友里
真木ミナシ:柿原徹也、津田美波(幼少期)
弓月マアム:福圓美里
伊削ヘイト:村瀬歩、種田梨沙(幼少期)
須崎(すざき):井上麻里奈
鷺沼アオシ:檜山修之
阿倉カサネ:前田愛
夏入:飛田展男

●ストーリー
星振りの夜、彼等は…ソノ歌を、耳にした…。
歪で、どこまでも濃い黒。
黒が全てを飲み込み、全てを奪い去ったその場所は、
無明領域(むみょうりょういき)と呼ばれるようになる。
人間の絶望と混沌をそっくり引き写したかのような異形のものたち。
彼らはこう呼ばれた。イマシメと。
人の精神を蝕む無明領域の調査。
そして、イマシメと対峙するために集められた8人の少年少女達は、危機に瀕した現在と過去の運命が複雑に交差していくなか、無明領域の先に光明さす未来を見出すことができるだろうか。
●オープニング
無明領域への緊急出動が決定したチーム「ガルグイユ」。丁度、その場所は鷺沼アカシにとって、10年前に兄・鷺沼 アオシが亡くなった場所。彼にとっては因縁深く、同時に阿倉カサネにとって逃すことの出来ない好機でもあるのです。
●イマシメの真実
今回、2機のマヴェスが投入されるのですがそのパイロットは鷺沼アカシと伊削ヘイト。しかし、伊削ヘイトは破先エミルを失って平静を保てない状態。

※伊削ヘイトの場合、常に平静を保てないとも言えますが…。

ところが阿倉カサネとしては鷺沼アオシがイマシメとなって遭遇する可能性があり、そのとき鷺沼アカシが冷静に対峙出来るのか、あるいはその現状を彼女自身を含めて受け入れる事が出来るのか…。

鷺沼アカシ「俺は無明領域に行って全てをはっきりさせる!」
●熊の縫いぐるみ
須崎「今回の目的はあくまでレコーダーの回収です!2人とも可能な限り戦闘を避ける事。」

無明領域へ突入する鷺沼アカシと伊削ヘイト。直前でイマシメと遭遇してしまうも強引に進むも…。

帰り道も塞がれ、自力で突破するしかない状態。

ここまで比較的冷静だった伊削ヘイトですが地面に落ちていた熊の縫いぐるみを見付けた途端、

伊削ヘイト「1人、そうか。見付けた。ここにあったんだ…。ありがとう、エミル。」

その熊の縫いぐるみは彼にとって何を意味するものなのでしょうか?
●鷺沼アオシの記憶
そして鷺沼アカシもイマシメを見付けた途端、彼の脳裏に鷺沼アオシの記憶がフラッシュバック!むしろ、

鷺沼アカシ「死神の中に元々奴の記憶があったんだ…。」

そのイマシメとはおそらく元々は鷺沼アオシ。そしてそこに佇む謎の白い少女は…。

「M3〜ソノ逎鋼〜」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「M3〜ソノ逎鋼〜」第7話「二虎競食の計」(ネタばれ注意)
【アニメ】「M3〜ソノ逎鋼〜」第6話「破先エミルの死」(ネタばれ注意)
【アニメ】「M3〜ソノ逎鋼〜」第5話「破先エミル、エクシタシー!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「M3〜ソノ逎鋼〜」第4話「引き寄せられる8人」(ネタばれ注意)
【アニメ】「M3〜ソノ逎鋼〜」第3話「出羽ササメは骸?」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「M3〜ソノ逎鋼〜」TVアニメ公式Webサイト
「M3〜ソノ逎鋼〜」AT-X公式Webサイト