●指向法(ブルーローズ)

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会
<キャスト>
空(そら):松岡禎丞
白(しろ):茅野愛衣
ステファニー・ドーラ:日笠陽子
ジブリール:田村ゆかり
クラミー・ツェル:井口裕香
フィール・ニルヴァレン:能登麻美子
初瀬いづな:沢城みゆき
初瀬いの:麦人
巫女:進藤尚美
テト:釘宮理恵

●ストーリー
ニートでヒキコモリ……だがネット上では『   』くうはくの名で無敗を誇る天才ゲーマー兄妹・空と白。ただの都市伝説とまで言われるほどの常識外れな腕前を持った空と白の前に、ある日“神”と名乗る少年・テトが現れる。
テトはリアルをクソゲーと呼ぶ空と白の二人を異世界へと召喚してしまう。そこは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる世界だった!
異世界に住まう十六の種族の中で最弱の人類種イマニティ。多種族に国土の大部分を奪われ、滅亡寸前に追い込まれている人類種を救うため、空と白は空前絶後の頭脳バトルに挑む!
●オープニング
エルキア国民からの暴動も発生している状況、漸く現れた空。そしてクラミー・ツェルとフィール・ニルヴァレン。そこで空が共闘のために提案した事は、

空「自己紹介だ!」
●自己紹介
クラミー・ツェル「自己紹介、クラミー・ツェル。以上よ。」
空「年齢は俺と同じ18歳。スリーサイズは…。」
クラミー・ツェル「分かった、分かった!ちゃんとするから!」


※ちなみに空がジブリールに対して「罪(GUILTY)」の台詞の際のポーズは、「がきデカ」の「こまわり君」ですね!

空「フィール、どうすればジブリールを許してくれる?」
フィール・ニルヴァレン「私の足を舐めて謝れば許してあげる!」


なお、元々クラミーはフィール一族の奴隷ですが、フィールはこれを良しとしません。

その親交を深めるため、

空「裸の付き合いだ!」

彼の希望通り全員で入浴となったのですが、

もちろん、空は除外!
●ゲームの舞台は?
クラミー・ツェル「本当に勝てるの?」
空「正直、俺一人では。しかし、『   』なら!」


そして東部連合との決戦のとき、勝負はチーム戦で対価は種の全権勝負。

全権代理者 初瀬いづなVS空、白、ステフ、ジブリール。

初瀬いづな「負けねーぞ、です。」
空「なあ、いずな。最後にゲームを楽しいと感じたのはいつ?」


ここでクラミー・ツェルとフィール・ニルヴァレンが外部から監視しているのですが、これはイカサマをするためというより、イカサマをさせないため。そして、エルキア国民も東部連合が不正をしないか監視をさせるのが空の狙い。

肝心のゲームの舞台は、「秋葉原」!

ところが空と白、

東京の人だかりが著しく苦手!

これは引○籠り最大の弱点を突いてきた東部連合の戦略勝ちか!?

「ノーゲーム・ノーライフ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第9話「空の復活」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第8話「空の消滅」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第7話「違和感」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第6話「壮大な布石」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第5話「偶然と思われる必然」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ノーゲーム・ノーライフ」TVアニメ公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」AT-X公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」テレビアニメ化記念SP 「ノゲ杯☆最強ゲーマー決定戦」