カメルーン代表FWエトー、右ひざの負傷で練習に2日間参加せず

写真拡大

 ブラジル・ワールドカップに出場中のカメルーン代表FWサミュエル・エトーだが、現在ひざの負傷により、練習に参加できていないことが明らかになった。『FIFA.com』が伝えた。

 13日に行われたグループリーグ・グループA第1節のメキシコ戦(0−1で敗戦)にフル出場したエトーだが、その後2日間の練習を欠席している。カメルーンを率いるフォルカー・フィンケ監督が明かした。

 フィンケ監督は15日の会見で、「所属するチェルシーでのシーズンを終えた段階で、すでに右ひざに負傷を抱えていた。昨日も今日も練習をしていない」とコメント。エトーが右ひざに問題を抱えていることを明かした。

 カメルーン代表は18日にクロアチア代表、23日にブラジル代表と対戦する。