W杯初戦敗戦の日本代表長友「自分たちのサッカーができなかった」

写真拡大

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦した。日本は本田圭佑のゴールで先制したものの、後半に入りディディエ・ドログバを投入したコートジボワールの圧力に屈し、1─2の逆転負けとなった。

 試合後、記者団の取材に応じた日本代表DF長友佑都は、「自分たちのサッカーができなくて、厳しい試合になった」と試合の感想をコメントした。また、「1点を取ったけど、いい入り方は出来ていなかった」と試合の序盤をを振り返っており、その後も日本のサッカーをやらせてもらえなかった理由について問われると、「相手はラインも低くて、ボランチ2枚がすごく下りていた。プレスをかいくぐるボール回しが思った以上にレベルが高かったので、走らされて、体力を消耗させられていた」と答えている。

 さらに両サイドバックのポジショニングについて聞かれると、「ウイングみたいな高い位置にいたので、(香川)真司もなかなか引っぱり出されることが多くて、サイドも数的不利なときがたくさんあったから、相手のサッカーにハマったんだと思う」と同試合について分析している。