吉田「先制してから受け身になった」

写真拡大

[6.14 ブラジルW杯C組 日本1-2コートジボワール レシフェ]

 2失点しての逆転負け。試合終了後のDF吉田麻也(サウサンプトン)は開口一番「言い訳する気はない」と言った。

 敗因は自分たちのサッカーをできなかったことだ。前線からの守備がハマらず、ラインはズルズルと下がった。特に、「先制してから受け身になった」ことが痛かった。

 相手にボールを持たれる時間が長く、これではショートパスで崩す日本の攻撃スタイルを披露することもできない。前半に待望の先制ゴールを奪ったのに、その後はすっかり受け身になってしまった。

 そして、失点したのは後半15分、ドログバが投入されてから。吉田は「ドログバが入ってムードが変わったというより、2トップ気味になったので、クロスに対して中の枚数が単純に増えた。そこでのマークのズレが出てしまった。それと、ドログバが入ってきたことでシンプルに蹴ってくることが増えた」と説明した。

 しかし、吉田は「言い訳はしない」とまた繰り返した。「スカウティングはあるけど、試合の中でいろいろ出るのがサッカー。ゲームの中で自分たちで対応しないといけない」と唇を噛みながらも前を向いた。

 このままでは終われない。ロッカールームではみんながすぐにシャワーを浴び、次に切り替えようと懸命だったことを明かした。

「とにかく次、勝とうということをみんなが言っていた。負けたのはもちろん悔しいけど、とにかく今は何よりもギリシャに勝つことを考えるしかない。初戦に負けたチームは統計的に見ても苦しくなるのは分かっているけど、今日のコロンビアとギリシャを見てもチャンスがないわけではない。ギリシャに勝つことだけ考えてやっていくしかない」

 問題は、個別のシーンへの対応を練ることなのか、攻守のバランス意識を再統一することか。少ない時間の中で何から着手すべきかを必死に考えているようだった。

(取材・文 矢内由美子)

★全64試合の公式ダイジェスト動画を配信!!

2014W杯ブラジル大会動画ページ