この小ささ

写真拡大

バンダイナムコグループのバンプレストは2014年6月24日から、約1.5センチの極小フィギュア「MICRO(ミクロ)」シリーズの第1弾となる「MICRO 仮面ライダーシリーズvol.1」「同 vol.2」を、全国のアミューズメント施設へ向けて順次投入する。

デジタル技術で緻密な造形を実現

ジオラマに飾るなどその極小サイズを生かしたり、台紙ごとコレクションしたりするなど、さまざまな楽しみ方ができる新シリーズで、第1弾は「仮面ライダー」を題材に商品化。vol.1では「鎧武」「フォーゼ」「W」など、vol.2では「斬月」「ウィザード」「オーズ」など各全8種が登場する。

景品では初となる立体へのデジタル造形技術を使用することで、約1.5センチのサイズながら、キャラクターの特徴を残した緻密な造形を実現したほか、「デジタル彩色技術」により凹凸面へ正確にフルカラーの彩色を施した。台紙は、銀の紙の上からフルカラーの印刷を施し、コレクション意欲を高めるメタリック調の光沢を再現している。

今後、同シリーズでは、昭和ライダーが登場する「vol.3」「vol.4」(7月下旬投入予定)を始め、さまざまなキャラクターでの展開が予定されている。