遠藤憲一“女優・玲奈”を絶賛「松井さんは天才だね。素晴らしい」。

写真拡大

俳優の遠藤憲一と、アイドルグループ・SKE48/乃木坂46の松井玲奈がダブル主演を務めた映画「gift」が、6月14日、愛知県限定公開を迎え、名古屋・中川コロナシネマワールドで舞台挨拶が行われた。

松井にとっては、地元に凱旋しての舞台挨拶。公開初日の14日は愛知県内の劇場を4館で合計6回舞台挨拶を行うなど、精力的に動く初日となったが、完成披露試写会も行われた中川コロナシネマワールドでの舞台挨拶では劇中のキーアイテムでもある青い箱を持った観客が駆けつけるなど、大きな盛り上がりを見せた。

遠藤は「(劇中では普段と全く違う、雰囲気の荒んだ女性を演じる松井玲奈のことを冗談で)この映画では素の松井さんを観る事ができます(笑)。劇中で、松井さんから『おっさん!』と呼ばれるシーンがあるのですが、すっごい良い演技だったんで、カットが掛かったら思わず、『松井さん、これが素でしょ』って突っ込んじゃいました(笑)」とのエピソードを披露。これにはすかさず松井が「違いますよ(笑)」と笑顔で否定した。

また、「松井さんは天才だね! 若い俳優さんとお仕事をさせて頂く事が多いんですが、心の中にあるものをポン! と出せるというのが素晴らしいです。今後、どんどん女優さんをやっていかれて大女優さんになると思います。(松井に向かって)将来、会ったら挨拶してね(笑)」と、“女優・松井玲奈”を絶賛した。

一方松井は「初めての出演で、主演をさせて頂けるということで嬉しかったんですが、遠藤さんと共演させて頂ける事が嬉しかったです。そんな二人の息があっている、遠藤さん息あってるでいいですよね(笑)」と語ると、遠藤は「あってるでいいと思うよ(笑)」とニッコリ。そして「劇中で感情を思いっきり出すシーンがあるんですが、隅っこで気持ちを作っていたら、遠藤さんが近づいてきてくださって、『全部だしな』と一言だけ言って去っていって、その姿が男前で、何か感動して涙がでちゃいました」と、遠藤の優しさに触れたエピソードを披露した。

本作でメガホンを執った宮岡太郎監督は「松井さんは、本当に台詞でのNGというのが一回も無くて、完璧に入れて現場に来てくださっていた」と、遠藤同様、松井の女優ぶりを絶賛。「遠藤さんと、松井さんはカットを掛けなければ、アドリブで演技の応酬をしてくださっていて、そこも本編に入っているので、探してみてください。色んな天気のシーンがあるんですが、松井さんが来るとどんどん荒れてくるんですよね(笑)」と撮影を振り返った。

質疑応答のコーナーでは、映画のタイトルである「gift」にちなんだ質問が客席から寄せられた。「giftという言葉には、“才能”という意味もあるのですが、欲しい才能はありますか?」との質問で、松井の「私、運動ができないので……運動能力が欲しいです」とと回答し、会場は爆笑。

また、「自身が出ている映像を観るのはどうですか?」との質問に、遠藤は「昔、自分が出た作品を劇場に観に行ったら、周りのお客さんが頭かいたり、座り直したりしているのが気になるし、スクリーンに自分が映ってるのが恥ずかしいしで、今は観に行けないです。だから一人で観ています」、松井は「私も恥ずかしいんですが、自分の映像を観る事で勉強しています。劇中で私が演じる役が、人を刺してしまうシーンがあるのですが、あそこはもっと直情的な感じを出していってもよかったかなー!とか思います」と語った。

映画「gift」はシネマコロナワールド系ほかにて公開中。