前回の覇者スペインがオランダに大敗するなど、早くも波乱の大会を予感させるサッカーのワールドカップ・ブラジル大会。大会3日目にはいよいよ日本代表が登場し、大事な初戦をコートジボワール相手に戦います。

ザッケローニ監督は既に先発メンバーは決まっていると明言。日本代表を率いて4年となるザック監督が、ワールドカップの初戦を戦う選手として最高の11人が選ばれることとなるでしょう。そんな現代表の基本を構築し、今でも変わらぬ愛情で日本代表を見守っている人物がいます。病に倒れ、志半ばで日本代表監督から離れてしまったイビチャ・オシム氏です。

オシム氏は、今の日本代表においてキープレイヤーが5人いると、自著『信じよ! 日本が世界一になるために必要なこと』の中で語っています。まずは、長谷部、遠藤、今野の3人。彼らは前回のワールドカップにも参加しており、経験の多い選手たちですが、オシム氏は彼らをキープレイヤーに挙げている理由を以下のように語っています。

■長谷部誠
ドイツリーグで経験を積み上げている長谷部。オシム氏はそこで試合をスムーズに運ぶという難しい役割を担ったと分析。
「タイミング、理由、場所を知らなければ、試合をスムーズに運ぶことはできない。長谷部はそれを知っている。だから重要なのだ」(同書より)

■遠藤保仁
オシム氏がインテリジェントなプレイヤーとして評価する遠藤については、「コレクティブにプレーができて、ボールを持った時は素晴らしい。彼はチームのパトロン(ゲームリーダー)として、ゲームを構築できる判断力を持っている」と語ります。

■今野泰幸
最近、調子を落としていると報道されている今野ですが、オシム氏の信頼は厚いよう。
「今野は、中央のディフェンダーとしてプレーでき、守備的ミッドフィルダーにもなれる。1対1にも強い。いわば、ポリバレントな選手だ」と評価し、その必要性を同書で訴えています。

一方、残りの2人には本田圭佑と岡崎慎司を挙げています。

「本田は、自らにリーダーやキープレイヤーの役割を課しているのがわかる。肉体的にも頑丈だ。岡崎も優れた方法で自分の役割を演じることのできる重要な選手だ。彼は、ある意味で新しい時代のフォワードだといえる。よく走り、運動量がある。右サイドに限らず、左でも中央でも、3人目の危険なセンターフォワードとしてプレーする。また、ファーストディフェンダーとしても献身的な守備で相手を追いかけることを厭わない」(同書より)

長谷部、遠藤、今野、本田、岡崎、オシム氏が日本代表のキープレイヤーとして選ぶのはこの5人です。必ずしも全員がスタメンであると言っているのではなく、欠かすことのできいない選手として5人を選出しているのです。

「キープレイヤーは、自らに役割を課しているということだ。日本人に足りないとされてきたセルフイニシアティブが生まれるようになってきた。各チームには、他の選手よりも自分の方が安定して強い選手だと考えているグループがある。キープレイヤーには、そのような選手がふさわしいのだ」(同書より)

いよいよ始まる日本代表の戦い。オシム氏がキープレイヤーとして挙げる5人を中心に、日本代表は上位進出を達成することができるのでしょうか。注目の初戦・コートジボワール戦は15日10時にキックオフです。



『信じよ! 日本が世界一になるために必要なこと (角川oneテーマ21)』
 著者:イビチャ・オシム
 出版社:KADOKAWA/角川書店
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
ラグジュアリーブランドが提案する「食」の新しい楽しみ方
就職率上昇の大学、上位校はどこ?
Facebookで他人を無断タグ付けしたら犯罪?


■配信元
WEB本の雑誌