初の最終日、最終組となった工藤遥加!(撮影:米山聡明)

写真拡大

<サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 3日目◇14日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,511ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の3日目。2日続けての好天によって硬く締まったグリーンの前に多くの選手がスコアを崩す中、6アンダー2位タイからスタートした工藤遥加が3バーディ・1ボギーの“70”をマーク。この日も着実にスコアを伸ばし、トータル8アンダー首位タイに浮上した。
「サントリーレディス」はスコア詳細速報で3日目の模様をプレーバック!
 上田桃子、イ・ナリ(韓国)と共に最終組でプレーした工藤。レギュラーツアーでは初めて経験する優勝争いの中でのラウンドとなったが、それを全く感じさせない堂々たるゴルフを見せた。
 この日の工藤は、3番パー3でボギーが先行。しかし、続く4番パー5では93ヤードのサードショットをピン2メートルに寄せてバーディ。これを沈めて、すぐさまスコアを戻すと、7番パー4でも109ヤードのセカンドをピンに寄せてバーディとした。
 その後は、硬さを増したグリーンと厳しいピンポジションの前に思うようにスコアを伸ばせなかった工藤だが、堅実にパーを重ねてプレーは終盤へ。17番パー5ではティショットを右の林に打ち込むミスを出したが、6番アイアンの低いボールで落ち着いてフェアウェイに戻すと、100ヤードのサードショットをピン50センチにピタリ。ピンチから一転、このホールをバーディとした工藤はアン・ソンジュ(韓国)と並ぶ首位タイに浮上。そのまま最終ホールもパーとして、トータル8アンダーでホールアウトした。
 今季QTランク34位の資格で国内女子ツアーに参戦している工藤。ここまでの最高成績は「Tポイントレディス」の15位タイで優勝争いに加わることはできていなかったが、今大会では3日目を終えて首位タイ。明日の最終日は、アン・ソンジュ(韓国)、飯島茜と共に最終組をプレーすることになった。
 「最終日最終組の経験がないので、自分でどうなるかは未知の世界です」。この日のラウンドでは「思ったより緊張しなかった」とメンタル的な余裕を持ってプレーできた工藤だが、明日は全ての決着がつく最終日。初の優勝争いでツアー初優勝を目指す工藤にのしかかるプレッシャーは計り知れない。まさに工藤にとっては“未知の世界”と言えるだろう。はたして、目覚しい進化を見せている大器が初めてつかんだチャンスをものにするのか。最終日のプレーに注目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>