入浴客が死亡 レジオネラ菌感染

ざっくり言うと

  • 埼玉県の入浴施設を利用した男性が、レジオネラ菌による肺炎で死亡した
  • 浴槽2つから基準を超える菌が検出され、14日に施設は営業停止処分になった
  • 浴槽内の塩素濃度の管理が、徹底されていなかった可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング