米ティーン喫煙率、15.7%に低下

ざっくり言うと

  • 米国のティーンのリスク行動に関する調査結果が発表された
  • 2013年の喫煙率が15.7%になり、1991年の調査開始以来、最低の比率に
  • 一方、運転中に携帯電話を操作したという回答は、40%を超えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング