写真提供:マイナビニュース

写真拡大

バンダイは、本日12日より東京ビッグサイトで開幕した「東京おもちゃショー」にて、2014年秋より『スター・ウォーズ』シリーズの玩具やフィギュアを展開することを発表した。

2015年12月18日に公開が予定されている『スター・ウォーズ エピソード7』でも話題となっている『スター・ウォーズ』シリーズだが、発表会に登壇したバンダイの代表取締役社長・上野和典氏は「『スター・ウォーズ』の魅力を最大限に引き出すために、従来のファンに加えて、新しいスターウォーズのファンの開拓に向けて、プラモデル、フィギュア、玩具、食玩、カードゲームなどを展開させていきます」と宣言。『スター・ウォーズ』という強力なIPと、同社がこれまで培ってきた技術や多種多様な商品展開の融合に大きな自信ののぞかせた。これまでの作品に登場したキャラクターはもちろん、『エピソード7』以降に登場するキャラクターたちもラインナップに加え、独自のデザイン、技術力、ギミックを活かして、魅力的な商品展開を予定しているという。

バンダイブースでは、今後発売が予定されている『スター・ウォーズ』シリーズの新商品を多数展示。プラモデルやフィギュアシリーズ「S.H.Figuarts」での展開はもちろん、人気アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズの大ヒット食玩『FW GUNDAM CONVERGE』のスター・ウォーズ版となる『FW スター・ウォーズ コンバージ』、『仮面ライダー』や『ウルトラマン』シリーズで人気の『マスクコレクション』のスター・ウォーズ版『ヘッドコレクション』、さらには『MOVIE REALIZATION 侍大将 ダース・ベイダー』など、これまでにない商品がラインナップされていた。

(C) & TM Lucasfilm Ltd. All rights reserved.