12日放送の「AKB48 渡辺麻友のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、「さきほど番組内で不適切な発言がありましたことをお詫び申し上げます」というアナウンスが流れた。

この日放送の同番組は、渡辺麻友が「第6回 AKB48 選抜総選挙」で1位を獲得したら「AKB48シアター」でファンと一緒に生放送をするという公約を果たすため、深夜のAKB48シアターから生放送された。

渡辺と同期となる第3期生の柏木由紀(かしわぎゆき)と、田名部生来(たなべみく)を招き3人でのトークが繰り広げられ、ファンの声援やリアクションなども聞いて取れる放送だったが、番組序盤でハプニングが起きた。

まずは先だって開催された総選挙を振り返った3人だが、今回の総選挙で初めてランクイン(11041票で71位)し、裏MVPとも言われた田名部を祝福した。

そして渡辺は「たなみん(田名部の愛称)から話を聞く前に、まずはたなみんの総選挙当日の模様を聴いてみたいと思います。心の準備は大丈夫?」と訊ねると、田名部は「恥ずかし過ぎる、どうしよどうしよ。ちょっと恥ずかしい。あれ放送事故だよ」と、総選挙で土下座した一幕を自虐風に振り返った。

そして、会場では総選挙で田名部の名前が呼ばれるシーンが流れた。会場からおおきなどよめきが起き、田名部の喜びのコメント、そして土下座シーンと、音声で振り返った。

再現シーンが終了し、AKB48シアターに音声が戻ると、渡辺は「私たちチームBで同じスペースに座ってたからね。たなみんが呼ばれた瞬間のあの凄まじいリアクションを目の前で見てたんだけど」と当時の様子を回顧した。

すると田名部は「あの、5秒、色んなものが停止したんですね。ほんと止まってて」と、名前が呼ばれた瞬間の様子を語った。

続けて「隣のわかにゃんが『たなみんさん!』って言ったので、気付き、発狂。発動みたいな」と、発言。

番組はそのまま進行、3人とも特に何事もなかったようにトークを弾ませていたが、それからおよそ10分後のCMに入る直前、男性の声で「さきほど番組内で不適切な発言がありましたことをお詫び申し上げます」とナレーションが入った。

どの言葉、どの表現が不適切なのか具体的な説明はなかったが、テレビやラジオでは「発狂」という言葉が放送禁止用語となることはよく知られている。

再現シーンが流れる前に、自身で「あれは放送事故」と大げさ振り返っていた田名部だが、その直後に不適切な発言をしてしまったことになる。

【関連記事】
「マグロ」「デブ」「ただのお相撲さん」 元AKB48の野呂佳代が「ロンドンハーツ」で出演者から猛烈なダメ出しを喰らう
太田光 AKB48総選挙2位の指原を賞賛「あの子が全部ドラマを作ってるね。AKBに関する」
小泉今日子、AKB襲撃への思いを明かす「私たちの時代もあった」「生卵をぶつけられた」