W杯の熱狂をゲームで体感!「モバサカ」で初心者でも優勝できる!? 世界大会開催

写真拡大

いよいよ6月12日開幕の「ブラジルW杯」に向けて、連日、報道は過熱している。

この記事の完全版を見る【動画・画像付き】

今大会において、敵となるのは時差だろう。ブラジルと日本の時差は約12時間。日本の初戦となるコートジボワール戦は15日(日曜日)の午前10時という絶好の時間にキックオフされるが、他の試合は日本時間で深夜1時、深夜3時、さらには午前7時に開始する試合が多く、前回の南アフリカ大会以上に睡眠不足との戦いになりそうだ。

しかし、今大会はほぼ全試合が地上波で放送されるとあって、睡眠不足にさえ打ち勝てば、かなりの試合が視聴可能だ。そうしたW杯への高揚感を、通勤・通学などの合間にも感じることのできるアイテムがないものかと、ふと考えた。ただニュースを検索して、試合結果を見るだけではつまらない。試合を見て得た情報や知識、それこそ興奮を、反映できる“何か”はないだろうか。

そう取材に向かう電車の中で、もの思いにふけり周囲を見渡していると、ほとんどの人が片手に握ったスマホをいじっている。そこで思いついたのが、スマホによるサッカーゲームだった。

■数あるサッカーゲーム、唯一続いたのはどのゲーム…?

早速、携帯でサッカーゲームのアプリを検索してみる。さすが競技人口が世界最大と言われるサッカーである。本格的なものからライトなものまで、数え切れないほどある。正直、どれをやっていいか分からない……仕方がないから、軽く詳細を読んでいくつかダウンロードしてみた。

それから数日間、いろいろなサッカーゲームにトライしたが、その中で唯一続いたのが『モバサカ』だった。今も続けている理由は、1日に何度も携帯を開いて操作しなくていいのと、リアルなサッカーに近いということ。ようするに面倒くさがり屋な筆者でも続けられるということが一番の理由だ。

加えてW杯に歩調を合わせるように、6月23日から『mobcast グローバルカップ』なる世界大会が開催されるという。W杯の熱狂をゲームでも体感することができるではないか。

■サッカーファンが唸る「リアルさ」に夢中になる!

簡単にゲームを説明すると、『モバサカ』はいわゆるサッカーのカードゲームである。自分がオーナーとも監督ともいえる存在となり、カードになっている選手カードを引き、スタメン11名と控えの7名でチームを構成。そのチームでリーグ戦を戦っていくというものだ。

『モバサカ』の何がいいかというと、ある程度、チームが構成されたら、自動的にリーグ戦が行われていく。

1日に何度もアクセスしてチームを強化したり、編成したり、アイテムを駆使するサッカーゲームが多い中、『モバサカ』は、しばらく放っておいても勝手に戦ってくれている。要するに時間があるときに、チーム編成をいじるくらいでも、なんとかなるのである。

次にリアルなサッカーに近いという点だが、フォーメーションカードというのが実に面白い。

これが非常に細かく、例えば、今シーズンのチャンピオンズリーグで優勝を遂げたレアル・マドリードの2013-14シーズンのフォーメーションカードや、今シーズンのプレミアリーグで逆転優勝を遂げたマンチェスター・Cの布陣を表現した「C・Manchester 13-14 Best」なるフォーメーションカードなど、具体的なものがいくつもある。

さらに興味深いのが、そのシステムを採用してスター選手を保有したからといって、チームとして最大限に力を発揮しないというところだ。

いかにフォーメーションや戦術が優れていたからといって、それを体現できる、適した選手を各ポジションに配置しなければチームは機能しない。これはサッカーにおける定説だ。

極端なことを言えば、個の力で勝負するクリスティアーノ・ロナウドを、パスワークとコンビネーションを重視するバルセロナに加えたからといって、さらにスーパーなチームになるかというと、そこには疑問符が付く。

それが『モバサカ』では再現というよりも、重視されているといえばいいだろうか。フォーメーションカードには、それぞれキーポジションとなる選手が設定されており、先ほど挙げた「C・Manchester 13-14 Best」ならば、FWにセルヒオ・アグエロ、右サイドMFにダビド・シルバ、守備的MFにヤヤ・トゥーレと、キーマンを揃えてこそ、ようやく力が発揮される。

ただ、闇雲に能力の高い選手カードを引き当て、配置すればいいということではないところに、『モバサカ』とリアルなサッカーとの共通項を感じたのだ。個を生かす戦術、連係を駆使する戦術と、人それぞれサッカー観が異なるように、自分の好みであるスタイルやシステムを採用して、リーグ戦を勝ち抜いていく、『モバサカ』に共感した理由はそこにある。

フォーメーションカードには、代表チームのものもあり、W杯モードで楽しむのもいいだろう。おそらくW杯で話題となったフォーメーションカードもそのうち登場するはずだ。

■W杯と同時に世界大会開催!初心者でも優勝のチャンスあり

毎週月曜日から土曜日にかけてリーグ戦が行われ、結果によって昇降格があるのだが、リザーブリーグを経て、2部リーグ、1部リーグと階段を駆け上がっていくと、そう簡単には勝たせてもらえなくなる。

初心者の筆者も1部リーグまでいくと、ぶっちぎりでの優勝はできなくなった。結果を確認するのも含めて1日1回、『モバサカ』を覗く習慣がついたが、負けることもでてきて、試行錯誤していると、ここでもW杯を感じさせるイベントの開催があるという。

どうやらW杯期間中の6月23日から、『モバサカ』内で世界大会が開催されるようなのだ。

『mobcastグローバルカップ』と銘打たれたイベントは、日本だけでなく、韓国、さらにヨーロッパのユーザーの間で予選ラウンドが行われ、まさに世界一を決める大会だという。しかも、説明を読み込んでみると、リーグ戦を戦っているチームではなく、エントリーすれば、この大会用にチームが編成され、そのチームを率いて戦うという。

ようするに初心者も熟練者もフラットな条件のもとで戦える。ディビジョン1で早くも躓きそうになっている筆者にとっては、まさに絶好の機会!

しかも世界中のユーザーが参加して、まさにW杯さながらのイベントとなるだけに、これはエントリーしないわけにはいかない。

4年に一度のW杯では、毎回、大会に熱狂しつつ、プライベートもサッカー漬けの日々を送るのが習性になっている。生活サイクルもこの期間ばかりは、ブラジル時間で過ごそうかと考えている。今回は移動中もサッカーに興じてみようかと思う。

もしかしたら、「mobcastグローバルカップ」の予選ラウンドで、あなたの率いているチームと対戦する可能性もあるので、そのときはおてやわらかに……。