写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本初の対戦型戦略ゲーム「CHAOS HEROES ONLINE(カオスヒーローズオンライン)」では、6月24日までの間、新規登録キャンペーンを実施している。

同ゲームは、マルチオンラインバトルアリーナ(MOBA)と呼ばれる新しい手法を採用したオンラインゲーム。日本初のMOBAジャンルとして2013年4月にサービスを開始し、同年8月に第1回オンライン大会が実施され、翌年1月には世界大会が行われるなど、世界でも流行中のオンラインゲームだ。今年5月には、7月に開催予定の世界大会王者・韓国との対戦の代表選考を兼ねた賞金総額30万円をかけた大会が行われたばかりだ。

利用方法は、まずはセガが運営している「SEGA ID」に登録。ゲームをネット上からダウンロードし、インストールしたパソコンで始めることができる。対応OSは、Windows Vista/7/8(32bit・64bit 日本語版)。基本プレー料金は無料となっている(アイテム課金あり)。

同ゲームの日本運営プロデューサーである遠藤峻亮氏は「コラボヒーローが最大の魅力。弊社タイトル『戦場のヴァルキュリア』や他社タイトルである『BLAZBLUE』、『GUILTY GEAR』シリーズからもヒーロー(プレイヤーキャラクター)が多数参戦しており、他にはないオリジナリティー溢れるゲームとなっている。また、定期的に賞金付大会が行われるのも魅力です」とゲームのセールスポイントについてコメント。

さらに、「操作を理解するまでが他のゲームよりも少し難しく感じやすいゲームなので、おもしろさに気づくまで少し時間がかかるかもしれませんが、一度それに気付いたら今までプレーしていたどのゲームよりも熱中してしまう魅力をもっています。近年あまり見かけなくなった“やられて覚えていくゲーム”かもしれません。対戦相手に初めて勝つまでに何戦も戦うことになると思いますが、回数を重ねるごとに少しずつゲームの面白さがわかってきて気が付けばいつのまにかどっぷりハマっています」とこれから始めようという人に向けてポイントを語っている。

同キャンペーンで用意されている賞品は、高性能ゲーム用ノートPC(1名)、高音質ヘッドホン(3名)、東京ジョイポリスペアパスポート(5組10名)、1,000円分Amazonギフト券(100名)など。また、ゲーム内の特定のミッションをクリアーしたユーザー全員に、ゲームをより楽しめるアイテムがもれなく提供されるという。

なお、同キャンペーンを記念し、カオスヒーローズオンラインに掛けて、現実に存在するカオスな人に会いに行く「『タワシおじさん・新宿タイガー・宇宙村』 魅力あふれるカオスな人達に会ってきた!」といった企画もWeb媒体『オモコロ』にて実施している。

(神野恵美)