今年9月末から行なわれるアジア競技大会に向けて、6月6日〜8日に行なわれた日本選手権大会後、代表が発表された。

 注目は男子短距離陣。男子4×100mリレーチームは5月25日にバハマの世界リレー選手権で5位に入り、来年行なわれる世界選手権の出場権を獲得している。

 このときのメンバーは、桐生祥秀(東洋大)、高瀬慧(富士通)、飯塚翔太(ミズノ)、大瀬戸一馬(法政大)の4名で、日本陸連の伊東浩司男子短距離部長は代表発表前に「世界リレー選手権がすばらしかったので、まだメンバー入れ替えの想像は出来ていないが......」と話していた。

 だが日本選手権の結果を受けて、翌9日に発表された男子短距離代表は、個人種目100mで優勝の桐生と2位の山縣亮太(慶応大)。200mは派遣B標準を突破した優勝者の原翔太(上武大)と、派遣A突破済みで3位になった飯塚のふたりだった。

 そしてリレー要員として200mで派遣Bを突破していた高瀬と藤光謙司(ゼンリン)が選ばれ、世界リレーで1走を務めた大瀬戸は、派遣標準を突破していないことと、100mが4位という結果に終わったことから落選。山縣と原が新たに加わるという結果になった。

 日本選手権の代表争いは熾烈を極めた。特に男子200m。大会前には20秒21と派遣Aを突破している飯塚を筆頭に、20秒50の派遣B突破者が10人もいるハイレベルな状態。激しい雨の中で行なわれた6日の予選ではそのうち8名が出場したが、決勝には6名しか進めなかった。

 同じく強い雨に見舞われた決勝では、そこに緊張がプラスアルファされる。そんな中で前半は、前日の予選で「調子がよかったのでトップスピードに上がるのが60m付近と早過ぎて、コーナーからの抜けで勢いをつけられなかった」と話していた飯塚が上手い走りをしてコーナーを抜け、自分の勝ちパターンに持ち込んだかに見えた。

 しかし、そこから勝ちを意識し過ぎたのか伸びきらず、内側の高瀬、藤光と横一線で競り合う状態に。最後は後から伸びてきた原が割り込み、初優勝で接戦を制し、飯塚は3位になった。

 今大会、高瀬、飯塚らは、200m決勝の1時間45分前に予選が行なわれる100mを捨てて、得意な200m1本に絞ってきていた。

 桐生や山縣と競り合う力を持つ彼らが、200mだけに絞ったことに対して、伊東部長は「200mが活性化するというのはすごくいい事だと思う。100mと200mを兼ねている選手が100mではなく200mを選ぶというのは、今男子短距離が強くなっている過程にあるのを示すものである。停滞期に入ると選手たちはどうしても短い距離を選択しがちだが、長い距離を選択するのはこれからもっと伸びていく可能性を持っている選手が多いということ」と高く評価する。

 また優勝した大学4年の原についても「前半の走りはいいとはいえないが、後半の持続力は魅力的。これから海外のレースをたくさん経験して前半の動きがもう少しシャープになれば、世界に近づいていける選手になると思う」と話す。そうなれば彼もまた、100mと200mを兼ねる選手になれるという事だ。

 一方100mは、桐生が関東インカレ、世界リレーと続いた連戦に加えて、長距離移動や時差の疲労もある中で、予選では10秒15と、ポテンシャルの高さを見せた。決勝ではスタートで山縣が先行する展開に持ち込んだが、「スプリンターはライバルを意識すると、どの地点でどう差をつけようかとイメージする。だがそれでその地点に来た時に力んでしまうことがある」(伊東部長)というように、ともに微妙な誤算が起きた。

 山縣は「スタートでもっと差をつけるつもりだったが、予想したより早い20m過ぎで桐生に並ばれてしまった」という。

 桐生も「スタートで山縣さんが前に出るのを想定していたのでそこで力むことはなかった。でも並んでからは近くにいる事はわかっていたが、それを考える暇も無くゴールを目指したのでレースのことはよく覚えていない」と振り返る。

 それがわずかな固さを生み出し、40m過ぎで抜け出しながらもそこから大きな差をつけることが出来なかった。結局、10秒22で桐生が勝利し、山縣が0秒05差で2位という結果になった。

「レース直前まですごく緊張したのは久しぶりだけど、そこで力んで負けたのではなく勝てたので良かったと思います。前半で負けていても力まず追い上げるという力は、去年よりついたと思います」と桐生は話す。

 そこで競り勝てたのは「世界リレーでは堂々としている姿に強さを感じたし、この区間を任せておけば絶対に仕事をしてくれると確信させる、去年の山縣と同じような風格を感じた」と伊東部長が言うように、速さだけではなく強さを身につけたからだろう。

 そして、200mの接戦を受けて桐生も「今は20秒41が(自己)ベストだけど、200mもそんなものではないと思う。世界で戦うためには2種目とも走れる選手にならなくてはいけないと思う」と話し、6月20日からの全日本学生個人選手権では20秒29の日本ジュニア記録更新を狙って200mに出場。7月の世界ジュニアでは2種目に挑戦する意欲を見せている。

 さらに「リオデジャネイロ五輪には2種目で挑戦したい」と話している山縣は、腰の状態が思わしくなくすぐには挑戦できない状態だが「関東インカレで桐生が10秒05を出したのを見て、自分と何が違うか考えました。スタートではそれほど差がつかないし、後半をリラックスして走ることも覚えている。だから差は中盤の加速だと思い、坂道ダッシュなどをしてそこを強化してきた。追いついて来れたといったら負けを前提にしているみたいで嫌だけど、0秒05差に出来たと言うのはその効果が少し出てきているのだと思う」と桐生の強さを認めながら、まずは100mで切磋琢磨することでレベルアップを狙う。

 そんな上向きな状況にある男子短距離だが、伊東部長は第1回世界リレー選手権を経験し「来年はリオデジャネイロ五輪の出場枠がかかる大会。今回失敗したアメリカや作戦ミスをしたフランスなど、各国はさらに対策を考えて力を入れてくるはず。それに対して日本はまだ戦略不足だと思う。もし来年五輪出場権を獲得できなければ、時差との戦いながらヨーロッパなどで戦わなければいけなくなることもあるから、技術云々よりももっと世界の情報を集めてその流れに乗らなければいけないと思う」と危機感を持つ。

 その為にも各選手やコーチ、日本陸連がリレーで勝負するという意識をこれまで以上に高くしなければいけないが、その第一歩が9月末からのアジア大会であるのは間違いないだろう。選手やスタッフなどが周囲まで巻き込んで、急激に力をつけている中国や中東勢を相手に圧勝しなければいけないというまでの気迫で臨むこと。それこそが来年以降の世界選手権や五輪へとつながるものになるはずだ。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi