2014年6月12日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が次期首相候補に指名した文昌克(ムン・チャングク)元中央日報主筆が、過去に日本による朝鮮半島の植民地支配について「神のご意志である」と述べていたことが明らかとなった。

【その他の写真】

韓国KBSテレビによると、文氏は2011年と2012年にソウルの某教会で講演を行った際、「韓国はかつて日本の植民地統治、南北分断など苦しい時期を経験したが、私はすべて神のご意志であると考えている」と述べた。

発言は韓国国内で物議を醸しているが、韓国国務総理室は「報道は一部を切り取ったもので、公演のテーマを代表するものではない。しかも、これは彼がメディアの仕事をしていた際に宗教信者に対して行ったもので、“特殊性”がある」としている。また、文氏本人も発言について謝罪する気はないとしている。(翻訳・編集/北田)