W杯開幕を待つ「エアスタジアム」のウェブサイト

写真拡大

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕が迫り、期待感が高まっているが、楽天が運営するニュースサイト「Infoseekニュース」では、日本代表の動向や戦いぶりなどを中心に伝えようと、同大会の特集ページを開設し、Webを通したW杯の楽しみ方を提供している。

"つぶやき"サポーターに抽選で楽天スーパーポイント

W杯は2014年6月13日(日本時間、以下同)に開幕。日本代表はその2日後の15日にレシフェで、コートジボワールとの初戦を行う。予選のもう2試合は、ギリシャ戦が20日、コロンビア戦が25日。

これらの日本代表戦を盛り上げるため、「Infoseekニュース」は大会特集ページ内に「Infoseek エアスタジアム」を設け、「アイドリング!!!」出身のタレント、加藤沙耶香さんを司会に、ゲストに迎えた日本代表の経験を持つ元選手らが解説をする。

ゲストの元選手らは、コートジボワール戦が岩本輝雄氏、ギリシャ戦が本田泰人氏、コロンビア戦が波戸康広氏。観戦や解説をしている様子をストリーミング配信し、「#W杯エアスタ」のハッシュタグがついたサポーターからのツイートがリアルタイムで表示され、出演者とサポーターらが交流して試合観戦を盛り上げるという。

エアスタジアムからエントリーすれば、同ページの投稿フォームからも「つぶやき」が投稿できる。「つぶやき」投稿や、「#W杯エアスタ」のハッシュタグをつけてツイートしたサポーターのなかから抽選で金賞と銀賞が選ばれ、それぞれ楽天スーパーポイント20ポイント、5ポイントが当たる。

特集ページでは、W杯に関するニュースや写真がまとめて閲覧でき、試合日程や結果、得点ランキングなど、細かなデータや情報をリストしている。