『プレイタイム』 ©Les Films de Mon Oncle - Specta Films C.E.P.E.C.

写真拡大

映画監督・俳優のジャック・タチが手掛けた全監督作のデジタルリマスター版を一挙に上映する『ジャック・タチ映画祭』で上映された作品が、6月21日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで再上映される。

【もっと写真を見る】

完璧に創り上げられた映像美によってオーソン・ウェルズやジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリフォーら同時代の映画監督を魅了し、計算された音楽や音の使い方から多くのミュージシャンにも影響を与えたジャック・タチ。5月9日に幕を閉じた同映画祭では、タチの監督作が自身の意図した編集を可能な限り復元したデジタルリマスター版で上映された。

今回の再上映は、前回上映の好評を受けて実施されるもの。戦後フランス映画史上屈指の大作であり、タチを破産に追い込んだという『プレイタイム』や、代表作『ぼくの伯父さん』、劇場初公開となるタチの遺作『パラード』など13本が上映される。なお、6月24日18:40の回上映前には、いとうせいこうによるトークショーも行われる。