「x-day news」を開始

写真拡大

デザインルールは2014年6月9日、さまざまな人の「意見」で未来の出来事を予測するWebサービス「x-day news」を開始した。

「x-day news」は、人々の予測を市場メカニズムで集約する「予測市場」のシステムを利用したWEBサービスだ。

ワールドカップ予測優秀者に最大3万円をプレゼント

参加者の投票やコメント投稿を集約した「集合知」で将来の出来事を予測する。参加の簡単さと予測の正確さを両立した新しいゲーム要素の強い方式を採用し、より多くの人が参加しやすくしたのが特徴だ。

現在、サッカーのワールドカップ(W杯)に関する予測ゲームを決勝前日の7月13日まで開催中。日本代表の成績・日本代表チームの得点王・優勝チーム等を対象にしている。サービスの開始を記念し、予測が優れていたユーザーに、最大3万円の商品券をプレゼントするキャンペーンを実施中だ。

この他、テレビドラマや選挙や国際情勢、プロ野球の優勝チームや尖閣諸島をめぐる事象、ソニーの業績など、硬軟さまざまな予測テーマを設定しており、とりわけ選挙や企業業績など日常的な社会生活に影響をもたらす現象については「経営や投資における参考になることが期待できる」(デザインルール)。

参加は、サイトで登録することで誰でもできる。最初に付与された1万ポイントを予測によって増やし、最終的なポイントを競う。友だちを誘って予測を競うソーシャルネットワーク機能も装備されている。

デザインルール代表の佐藤哲也氏は予測市場や選挙シミュレーションの専門家で、静岡大学で准教授を務めた経験を持つ。在職中から大学発ベンチャーの経営を行っていたが、技術の実用化に向けて、事業化に専念して業務を進めている。