外箱には京急の電車をデザイン

写真拡大

京急グループの京急ステーションコマースは2014年6月、京急グッズショップ「おとどけいきゅう」鮫洲店や、そのオンライショップのほか、セブンイレブン京急ST店と京急ステーションストアなど京急線駅売店で、「けいきゅうみんなのふりかけ」 の販売を始めた。

車両工場開放イベントでの先行販売が好評で

神奈川県横須賀市にある京急電鉄の車両工場、京急ファインテック久里浜事業所で5月25日に開いた「京急ファミリー鉄道フェスタ2014」で先行販売したところ、非常に好評だったため、京急グッズの販路を通して一般に販売することにしたという。

外箱には京急の電車をデザインし,個包装の小袋は「けいきゅうのしごと」を紹介するミニ解説付き。鉄道ファンでなくても「見て食べて楽しい商品」に仕立てられている。

ふりかけの中身は,永谷園オリジナル定番商品の,たまご・やさい・さけ・おかかの4種類。京急ステーションコマースでは「現在販売中の京急ランチ雑貨シリーズ(弁当箱、ハシ、プラカップ)と合わせてお使いいただければ、ランチタイムが一層楽しくなること間違いありません」と売り込んでいる。