子供の遠足の荷造りにプロを雇うリッチたち「1時間250ドル以上」―ニューヨーク

写真拡大

ウォールストリートの巨人、金融大手のエグゼクティブや映画スターなどのセレブたちがひしめくニューヨークで、新たなサービスが。子供のキャンプの荷造りにプロを雇い、その額なんと4時間コースで1時間250ドル以上(計1,000ドル以上!)のサービスだそう!

サービスを提供する「Resourceful Consultants」のバーバラ・ライクさんは、「多くの母親たちにとって、特に子供たちが初めて外に出る時にはとてもストレスとなるもの」と話しており、既に複数の依頼が来ているのだそう。

そんな子供の親たちが払っているキャンプの参加費用は1万ドルくらいのものだとか(!)。クライアント数は年々増加しているとのことで、2年前には1人だったクライアントは、昨年は5人に、今年は10人に増えたそう。

こうしたサービスを提供するのはバーバラさんのみならず。整頓術の専門家ダイナ・ブランドフさんは今年既に4件をこなし、6月には15件の受注が。ダイナさんのクライアントの一部には、キャンプ場で子供たちの寝台を作ってくれとの依頼もあったそう(!)。

「こうした注文は全て、家の環境をキャンプに持っていくというためのもの。依頼を持ってくる親たちの多くは家の寝具や寝台をそっくり複製して欲しがっていて、プラスチックの箱だの棚だのを配送してキャンプ先でより多くのスペースを持てるようにしています」と説明しています。

一方、こうした親たちに対し、ニューヨーク州の社会調査士ウェンズデー・マーチン氏は「競争的でエネルギッシュ、人使いも荒いキャリア・マザーたちにとって、「母親」であることもまた仕事の一つ。スタッフやアシスタント、はたまた荷造りや整頓のプロを雇い、より上手くこなそうとしている」のだ、との見解を示しています。

Wealthy New Yorkers Are Hiring Professional Organizers to Pack Their Kids’ Summer Camp Bags
http://www.odditycentral.com/news/wealthy-new-yorkers-are-hiring-professional-organizers-to-pack-their-kids-summer-camp-bags.html