写真提供:マイナビニュース

写真拡大

コインズは9日、2014年4月14日に開始した仮想通貨ビットコインの売買取引所「Payびっと」について、6月1日よりビットコインのトレードサービス「BITFOREX」と提携したと発表した。

コインズ(北海道・札幌市)は2014年4月14日、仮想通貨やアンティークコインのインターネット売買事業を展開するために設立。同社が運営する「Payびっと」は、銀行振込とクレジットカードでの決済手段により、日本円でビットコインの購入・売却することが可能となっている。

「Payびっと」の特徴は、ユーザーが持つビットコインアドレスを登録することで、同サービスにビットコインを預けることなく自己管理が行える点。ビットコインの売買のみをサービスとして提供するため、長期的な投資目的での利用に適しているという。

一方の「BITFOREX」は、ビットコインの短期的な取引が可能なトレードサービス。ビットコインのリアルタイム相場で売買が行え、株のトレードに似た仕組みで初心者でも簡単に操作することができる。なお、同サービスはMSOライセンスを取得している香港法人での運営となっており、「Payびっと」は日本円の入金や出金を担う役割として、今回、業務提携する運びに至ったとしている。

(御木本千春)