左から江口洋介、本木雅弘

写真拡大

堤幸彦監督の新作映画『天空の蜂』が、2015年に公開される。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、東野圭吾が1995年に発表し、「今まで書いた作品の中で一番思い入れが強いのはどれかと訊かれれば、これだと答えるだろう」と語る同名小説が原作となる。物語は、1995年夏の日本を舞台に、愛知県の錦重工業小牧工場が防衛庁に納品しようとした最新鋭かつ日本最大のヘリコプターが何者かの遠隔操作によって奪われ、「現在稼働中、建設中の原発を全て使用不能にしなければヘリコプターを落とす。燃料がなくなる10時間が期限だ」というメッセージと共に稼働中の高速増殖炉の上でホバリングを開始するというテロ事件を軸に展開。見えない犯人の捜索や、ヘリコプターに取り残された子どもの救出に挑む心理戦を描く。

錦重工業のヘリコプター設計士である主人公・湯原一彰を演じるのは、江口洋介。さらに錦重工業の原子力機器設計士・三島幸一を本木雅弘が演じる。脚本は、水野美紀と共に演劇ユニット・プロペラ犬を主宰する放送作家・脚本家の楠野一郎が手掛ける。なお同作では、現在エキストラを募集している。

【東野圭吾のコメント】
20年前に私が発したメッセージが、今どのように受け止められるか、見守りたいと思います。

【堤幸彦監督のコメント】
この作品は社会と人間の在り方を問う問題作です。あらゆる神経を動員して向き合いたいと思います。