宮野真守、今年の誕生日も嬉し涙―全国ツアー最終日レポート

写真拡大

 5月11日横浜アリーナからスタートした、宮野真守の全国ツアー『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2014 〜WAKENING!〜』が6月8日の国際フォーラム ホールAにてファイナルを迎えた。

【関連:宮野真守、30歳バースデーライブでファンからのプレゼントに涙】

『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2014 〜WAKENING!〜』5.11 横浜アリーナ

 オープニング映像は特殊メイクをして老人になった宮野が怪しげな赤い玉を作るところから始まる。転がった赤い玉を追いかけて、床からはるか底へ落ちた宮野がたどり着いたのは不思議な森。映像とリンクするようにステージに森のセットが現れ、その演出に会場からは感嘆の声があがっていた。
そして宮野がステージ中央から現れると、更に大きな歓声が飛び、最新シングル「NEW ORDER」を披露。力強いダンスと共に各地のライブは次々と開幕していった。

『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2014 〜WAKENING!〜』5.11 横浜アリーナ

 “WAKENING”(覚醒)と題した今回のツアーは、6月8日ファイナル公演が宮野自身の誕生日ということもあり、バースデーツアーという意味合いも含まれていたため、ライブの演出でも宮野をお祝いする場面が各地でみられた。
本編後半には「Happy Happy Birthday」が披露され、横浜アリーナ公演では巨大なケーキ型のゴンドラが登場。曲中にゴンドラがステージに浮かぶという、宮野初となるフライングのシーンも見られた。
また、アンコールのMCではバックダンサー、バンドメンバーがペアとなって、宮野をお祝いするというコーナーが催され、宮野の実の母親からの手紙や「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」の吹き替えで共演した、ふなっしーからのコメント、会場のファンが色のついた紙でお祝いのメッセージを人文字で表すなど、各地で様々なお祝いが行われた。
誕生日当日となったファイナル公演では、大きなケーキに加え、宮野にもサプライズだったという、各地のライブ会場でのファンの模様やスタッフ関係者が参加した「Happy Happy Birthday」のダンス映像が流れ、宮野の驚く姿と同時に思わず涙ぐんでしまった顔が印象的だった。

『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2014 〜WAKENING!〜』5.11 横浜アリーナ

 また、7月23日にリリースになる初のMUSIC VIDEO 集に新しく「passage,」を映像化して収録するという情報に加えて、今秋に11枚目のシングルをリリースすることも発表され、多くのお祝いに溢れたファイナル公演となった。

『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2014 〜WAKENING!〜』5.11 横浜アリーナ

 「これからも一緒に楽しい時間を過ごしていきましょう」という宮野からの言葉の後、人気曲「オルフェ」を披露し、全国6箇所7公演に及ぶツアーは幕を閉じた。

 そして、残念ながらこのツアーに参加出来なかったファンには朗報が飛び込んできた。横浜アリーナ公演の模様はフジテレビNEXT ライブ・プレミアムとフジテレビNEXTsmartにて、早くも7月に放送されるとのことなので、是非チェックしてみよう。

【写真:5月11日横浜アリーナ / 上飯坂 一(Kamiiisaka Hajime)】