●記憶の値うち

(画像:「棺姫のチャイカ」公式Webサイトより)
©榊一郎・なまにくATK(ニトロプラス)/株式会社KADOKAWA 富士見書房刊/「棺姫のチャイカ」製作委員会

●キャスト
トール・アキュラ:間島淳司
アカリ・アキュラ:原優子
チャイカ・トラバント:安済知佳
フレドリカ、ドミニカ・スコダ:斎藤千和
アルベリック・ジレット:細谷佳正
ニコライ・アフトトル:佐藤健輔
ヴィヴィ・ホロパイネン:野水伊織
ズィータ・ブルザスコ:幸田夢波
マテウス・キャラウェイ:森嶋秀太
レオナルド・ストーラ:山本和臣
チャイカ・ボフダーン:藏合紗恵子
ダヴィード:勝沼紀義
セルマ・ケンワース:ブリドカットセーラ恵美
ギイ:村瀬歩
レイラ:牧野由依
シモン・スカニア:木下浩之
ユリア:佐土原かおり
リカルド・ガヴァーニ:緒方恵美
ハスミン・ウーロ:小日向茜

●ストーリー
終戦後にフェルビスト大陸を放浪するトール・アキュラは、乱破師として生きる目的を失った姿を妹のアカリに叱咤されながら、怠惰な日々を過ごしていた。そんな中、とある山中でトールはチャイカと名乗る謎の少女に出会う。
●記憶の喪失
終戦記念日の祝典のため、燃料が品薄。そのためビークルが動かせない状態ですが、

チャイカ「別の方法、代替可能。記憶、喪失。」

チャイカはビークルの燃料として自身の記憶を削る事によって動かせるのですが、トールはそれを是としません。

手配書が回っているためゆっくりは出来ないものの、チャイカの記憶の維持のため燃料の搔き集めに奔走するのですが…。
●戦争の終結がもたらした弊害
街中でアルベリック・ジレットとヴィヴィ・ホロパイネンはスリを咎めるものの、

スリ「お前らみたいな貴族に俺のような軍人崩れの気持ちなんか分かるかよ!」

戦争の終結は総じて良いものではあるけれど、軍人にとっては必ずしも良いものでは無いようです。

※フォーチュンクッキー=日本で言えば神社のおみくじのようなものでしょうか?
●トールとアカリの里
トール「俺達の過ごした里はサバターを養成する所だったんだ。」

そこでトールはいつも兄弟子に「半端者」、アカリは「頑固者」と称されていたようです。それはそれで良い思い出だったみたいで…。
●ハスミン
トールとチャイカは漸く燃料を売ってくれる店を見付けます。それで一段落ですが、そこの主人は終戦記念日は家族を失ったためあまり喜べなかったようです。

トール「昔、ハスミンという行商人の女性が来ていたのが楽しみだった…。」

ハスミンはトールの初恋の人。しかし、山賊に殺害されてしまったので今はいません。

トール「その山賊は全滅させたけど、ハスミンは帰ってこないんだ。意味が無い。」
チャイカ「違う、トール、それがあったからチャイカ、ユニコーンから助けた!」


※その後、皇帝の遺体所持者の情報を聞き出します。

「棺姫のチャイカ」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第8話「旅芸人チャイカ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第7話「トール、往復ビンタで気合いを入れられる!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第6話「人質交換」(ネタばれ注意)
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第5話「紅のチャイカ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「棺姫のチャイカ」第4話「気まぐれな猫」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「棺姫のチャイカ」TVアニメ公式Webサイト