●田中の初勝利

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中清(駒田中 清):塩屋浩三
南令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾留次:島田敏
島田:二又一成
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳
雷神親方:青森伸
猪ノ川:稲田徹
竜の川:平井啓二
巌ノ国:檜山修之

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
雷神部屋で唯一、未だ白星が出ない田中。もちろん彼の初土俵から白星が未だ無し。既に3敗のため白星が出ないと負け越しが決定!

そんな田中の緊張を解こうと…。
●田中、緊張する!
早朝、いの一番に稽古場に飛び出し稽古をする田中。

坂口松太郎「おい、田中!何やってんだ!」
田中清「稽古だども…。」


田中の緊張する癖を悪化させたのは初日に松太郎が煽ったため。そんな彼にぶつかり稽古をする松太郎ですが…。

坂口松太郎「そら、ブレーンバスターだ!」

どう見てもプロレス技です。本当にありがとうございました!

当然ながら猪ノ川関に叱責される松太郎ですが…。まるで懲りていません。
●栗
田中清「ああ、次はショ○ベ○だ…。」

相変わらず緊張が取れない田中。そんな田中がふらりと両国国技館内を歩いていると、

田中の父「清。」
田中清「お父!」

出稼ぎに来ていた田中の父。田中の父も息子の事を心配して、

田中の父「ほれ、くにの裏で取れた栗だ。」

田中の父を励ましているのですが、未だに緊張が取れない田中。

雷神親方「田中、優勝するとか勝つことを考えれば勝てる!昨日までの悪い事は忘れろ!」

雷神親方も心配するも田中の頭には悪い事ばかり思い浮かびます。

行事「ほら、蹲踞!蹲踞!」

※蹲踞(そんきょ)=力士が取り組み前に構える中腰の姿勢の事。

ところが田中に予期せぬ出来事が…。
●田中の初勝利
田中清「どうすべえ…。」

田中は先ほどの栗を握りしめながら土俵入りしてしまいます。もちろん、この状態では反則!しかし、彼は地元の秋田から出てきたときの決意を思い出し、その栗を飲み込むと今までの緊張が解けて気合が入ります。

そして一時は徳俵に足が掛かりますが、押し返して投げ!際どい判定ながらも田中、初勝利!

その後、勝ち名乗りを忘れてしまう等のボケをかますも漸く彼も初めて勝利する事が出来ました。

※もちろん松太郎は4連勝で勝ち越しを決めます!

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第9話「相撲も釣りも一緒!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第8話「松太郎、狂乱の宴を開く!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第7話「松太郎の初土俵」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第6話「初台詞、田中清!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第5話「松太郎、人生で初めて泣く!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト