●アヤノの幸福理論

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©KAGEROU PROJECT/1stPLACE
©じん/1stPLACE・メカクシ団アニメ製作部
<キャスト>
シンタロー(如月 伸太郎):寺島拓篤
エネ(榎本 貴音):阿澄佳奈
マリー(小桜 茉莉):花澤香菜
キド(木戸 つぼみ):甲斐田裕子
コノハ(九ノ瀬 遥):宮野真守
モモ(如月 桃):柏山奈々美
カノ(鹿野 修哉):立花慎之介
ヒビヤ(雨宮 響也):富樫美鈴
セト(瀬戸 幸助):保志総一朗
アヤノ(楯山 文乃):中原麻衣
ヒヨリ(朝比奈 日和):小岩井ことり
ケンジロウ(楯山 研次朗):藤原啓治
アヤカ(楯山 彩花):兵藤まこ

●ストーリー
不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、巻き起こる事件の謎を解いていく群像劇。
●プロローグ
楯山文乃「お母さん、同じ話ばかり!」
楯山彩花「えっ!お母さん、この話好きなんだけどな。」


毎日繰り返される母のお話。毎回同じ話を聞かされ飽きてきたアヤノ。

そんな彼女の家にやってきた3人の孤児は…。
●母の死
特撮ごっこでじゃれあう鹿野修哉と瀬戸幸助。しかしながらマジックで顔に落書きをする2人に対して、

楯山文乃「私も混ぜて!」

木戸つぼみも巻き込んでじゃれあい、しかも父である楯山研次朗まで参加!

そんな他愛も無い日々が楽しかった、そんな日。突然、母が土砂崩れに巻き込まれて死亡。

楯山文乃が母の遺品を整理していると、幼少の頃聞かされていた物語が!

そこには彼女達の秘密の能力について書かれていたのですが…。
●蛇
楯山彩花「あの子たちの身体にどんな変化が起こるか分らない。せめてあの子たちの前では何事も無く振舞おう。」

母・楯山彩花が懸念していた秘密。それは楯山文乃にとっても例外では無く、彼女達は後に特殊な能力を発動させることになるのです。

彼女が高校1年生になったとき、母の所持していた物語に書いてあった「蛇」、それこそが父を指しているとしたら…。

楯山研次朗が眠っていたときに発動される能力。それが彼女にとって害となる存在。それは父であって父では無いもの。

つまり、彼の身体が蛇によって占有されているという事になりますが…。

「メカクシティアクターズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第8話「覚醒の秘密」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第7話「榎本 貴音の死亡、エネの誕生」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第6話「閃光のエネ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第5話「引○籠もりと記憶喪失」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第4話「答えの無い迷宮」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「メカクシティアクターズ」TVアニメ公式Webサイト
「メカクシティアクターズ」AT-X公式Webサイト