<フェデックス・セントジュード・クラシック 2日目◇6日◇TPCサウスウインド(7,239ヤード・パー70)>
 米国テネシー州にあるTPCサウスウィンドで開催された米国男子ツアー「フェデックス・セントジュード・クラシック」の最終日。連日のサスペンデッドにより、この日は第3ラウンドの残りと最終ラウンドが行われ、ベン・クレーンが初日から首位の座を守る完全優勝で今季初勝利。3年ぶりとなるツアー通算5勝目を挙げた。
 1打差の単独2位にトロイ・メリット(米国)、さらに1打差の3位タイにはこの日“66”をマークしたウェブ・シンプソン(米国)とマット・エブリ(米国)ら3選手が入った。
 日本勢で唯一出場した今田竜二は決勝ラウンドではスコアを落とし、トータル2オーバー50位タイで4日間の競技を終えている。

【最終結果】
優勝:ベン・クレーン(-10)
2位:トロイ・メリット(-9)
3位T:ウェブ・シンプソン(-8)
3位T:マット・エブリ(-8)
3位T:カール・ぺターソン(-8)
6位T:イアン・ポールター(-7)
6位T:ジェイムズ・ハーン(-7)
6位T:ブライアン・ハーマン(-7)
6位T:ビリー・ホーシェル(-7)
11位T:フィル・ミケルソン(-6)
11位T:カミロ・ビジェガス(-6)
50位T:今田竜二(+2)他2名

<ゴルフ情報ALBA.Net>