東国原英夫氏

写真拡大

前衆院議員の東国原英夫氏が、8日放送のバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、今後の身の振り方のひとつに「たけし軍団」への復帰があることを明かした。

番組では、日本維新の会が「分党」を発表したことを紹介。同党は今後、石原慎太郎共同代表のグループと橋下徹共同代表のグループに分かれ、橋下氏は、結いの党との合流を進めるという。

東国原氏は、2012年の衆議院議員選挙で日本維新の会の比例代表枠で当選したが、2013年12月に政策の不一致から離党・議員辞職している。

今回の分党について感想を問われた東国原氏は、「バンザーイ、バンザーイ」と両手を挙げてよろこびを表現。分党はもっと早くすべきだったと話した。

石原氏がいなくなった維新の会に戻る可能性については「それは今後の選択肢の中に入ってくる」と発言。「まだ全然分からないですけど」と明言は避けながらも、次の国政選挙を維新の会から出馬する可能性が少なからずあることを明かした。

番組ではさらに、東国原氏が芸人時代に所属していた「たけし軍団」に戻る可能性を尋ねると、「それもゼロではない」と真顔で回答。「どちらかというとベクトルはそっちに向いている」と述べ、松本人志らを驚かせた。

【関連記事】
デーブ・スペクターは米国のスパイ? 東国原氏が驚愕した“裏の顔”
東国原英夫氏が「淫行報道」の真相を激白…警察の「裏切り」に怒りも
グラビアアアイドル・筧美和子の失言に共演者があ然…ダウンタウン浜田「裏で会ったなんて言っちゃダメですよ…」