以前「トヨタのマークは2つの心!自動車メーカーエンブレムの由来とは【国産車編】」というコラムで国産車のエンブレムの由来をご紹介しましたが、今回は海外メーカー(3社)のエンブレムの由来をご紹介させていただきます。

普段何気なく見てメーカーロゴですが、実は深い意味が込められているのです。

BMW

 

BMWは「Bayerische Motoren Werke」の頭文字で「バイエルン地方のエンジン工場」と言う意味。BMWの前身は航空機エンジンメーカー。図柄は工場のあったバイエルン州の青い空と白い雲の中でプロペラが回っているのをイメージしたもの。「空」「雲」と「プロペラ」。爽やかでロマンティックなエンブレムですね。

 ●アウディ

audhirogo

4つの輪が印象的なエンブレム。フォーシルバーリングと呼ばれる4つの輪は、アウディ社の前身「アウトウニオン」という共同企業体に参加した「アウディ」「ホルヒ」「DKW」「ヴァンダラー」を表現しています。

ボルボ

volvo2

「○に→」は、中世ヨーロッパの錬金術師たちが用いた製鉄を意味します。現在もスウェーデンは鉄鋼業が盛んな場所であります。丈夫で安全なボルボのイメージにぴったりなエンブレムだと思っています。

■関連記事

新型V37スカイラインのインフィニティ・エンブレムに込めた「証」とは?
http://clicccar.com/2014/04/18/252619/

これだけで工芸品! ポルシェ・エンブレムはかくして作られる【動画】
http://clicccar.com/2013/11/17/236035/

(久保友宏)

BMWのマークはプロペラだった! 海外自動車メーカーロゴの由来(http://clicccar.com/2014/06/08/256379/)