<フェデックス・セントジュード・クラシック 2日目◇6日◇TPCサウスウインド(7,239ヤード・パー70)>
 米国テネシー州にあるTPCサウスウィンドを舞台に開催されている米国男子ツアー「フェデックス・セントジュード・クラシック」の3日目。この日は第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われたが、第3ラウンドの途中で雷雲の接近による中断。結局、この日のプレーも消化することができず3日連続のサスペンデッドとなった。
 現在首位を独走するのは6ホールを終えてトータル13アンダーまでスコアを伸ばしているベン・クレーン(米国)。4打差の単独2位に7ホールを消化したトロイ・メリット(米国)、さらに1打差の単独3位に同じく7ホールを消化したピーター・マルナティ(米国)がつけている。
 日本勢で唯一出場の今田竜二は予選通過を果たしたものの、第3ラウンドでは8ホールを終えてスコアを2つ落とし、トータル2オーバー62位タイとなっている。

【3日目の順位】※暫定
1位:ベン・クレーン(-13)※6ホール終了
2位:トロイ・メリット(-9)※7ホール終了
3位:ピーター・マルナティ(-8)※7ホール終了
4位T:ビリー・ホーシェル(-7)※8ホール終了
4位T:レティーフ・グーセン(-7)※6ホール終了
4位T:カミロ・ビジェガス(-7)※6ホール終了
7位T:マット・エブリ(-6)※12ホール終了
7位T:アンドリュー・スヴォボダ(-6)※9ホール終了
7位T:ブライアン・ハーマン(-6)※8ホール終了
7位T:カール・ぺターソン(-6)※7ホール終了
62位T:今田竜二(+2)※8ホール終了
<ゴルフ情報ALBA.Net>