2度目のメジャータイトルに王手!(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 3日目◇7日◇ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(7,233ヤード・パー72)>
 日本最古のメジャー「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の3日目。トータル5アンダー3位タイからスタートした手嶋多一が6バーディ・3ボギーの“69”をマーク。トータル8アンダーの単独首位に浮上し、2001年「日本オープン」以来となる2度目の日本タイトルに王手をかけた。
最終日も特設ページで「日本プロゴルフ選手権」のリーダーボードを配信!
 46歳のベテランプレーヤーが今週も優勝争いに加わった。この日の手嶋は1番ホールで1.5メートル下りのパットを沈めて“ガッツボギー”。苦しい立ち上がりとなったが、3番でこの日最初のバーディを奪うと、続く4番でもピン手前2メートルを沈めて連続バーディ。7番パー5では2オンに成功してバーディとするなど、チャンスをきっちりものにする強かなゴルフで着実にスコアを伸ばして見せた。
 スコアを1つ伸ばして迎えたバックナインでは10番、13番、14番と3つのバーディを奪い、この時点でトータル9アンダー。16番ではティショットを右ラフに打ち込みボギーとしたが、トータル8アンダー単独首位でホールアウト。13年ぶりの日本タイトル、そして7年ぶりのツアー通算7勝目に向け、最高の位置で最終日を迎えることになった。
 今大会の手嶋の好プレーを支えているのはベテランらしい無理のないゴルフ。「今週はドライバーが曲がったら無理しないようにしている。無理して池に入れたりするんで」この日もティショットをラフに入れる場面があったが、冷静にレイアップして3打目勝負。結果としてボギーを叩くこともあったが、ミスショットの傷を最小限に抑えるマネジメントで3日連続のアンダーパーをマークした。
 ホストプロの1人として迎えた先週の「〜全英への道〜ミズノオープン」では予選ラウンドを終えて首位タイに浮上する活躍を見せた手嶋。しかし、決勝ラウンドではスコアを落とし、結果は9位タイに終わった。「なんとか3日間持ちました。明日が不安ですけどね(笑)」冗談交じりに話した手嶋だが、最終日に向けて不安な気持ちが強いのも確かだろう。
 明日は最終組で韓国の李京勲と同郷(福岡県)の小田孔明とラウンド。「(小田)彼は本当にパワーがあるし、ゴルフ自体が僕らの常識からしたら外れているから…なかなかつけ込むチャンスが無いですね(笑)」と最終日の優勝争いを前に弱気な発言も飛び出したが、「今週はコースとの闘い。そう思ったほうがいいです」とまずは相手を意識せずにプレーを進めていく方針。最後には、「ここ何年かはシード獲るのでやっとだから、今年いい位置、いいチャンスが来てるので狙いたいですね」と虎視眈々と2度目の日本タイトルを見すえた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>