トップと1打差で最終日を迎える小田孔明(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 3日目◇7日◇ゴールデンバレーゴルフ倶楽部(7,233ヤード・パー72)>
 予選ラウンドの静かなゴルフから一転、怒涛の“バースデーチャージ”だ。日本最古のメジャー「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」の3日目“ムービングデー”。この日、36歳の誕生日を迎えた小田孔明が7バーディ・2ボギーの“67”をマークし、首位と1打差の2位タイに浮上した。
最終日も「日本プロゴルフ選手権」の特設ページでリーダーボードを配信!
 この日は宮里優作、藤田寛之という今季の国内男子ツアーで勝利を挙げたプレーヤーと同組になった小田。「今年のチャンピオン同士、ここで負けたら優勝はない」と強い気持ちで胸に秘めてムービングデーのスタートを迎えた。
 トータル2アンダー9位タイから出た小田は1番ホールでバーディ発進を決めると、3番パー3では15メートルの難しいラインを沈めてスコアを伸ばす。6番ホールでは池に打ち込むミスからボギーとしたが、バックナインに入ると11番から連続バーディを奪取。続く13番では難しいパッティングを残し3パットのボギーを叩いたが、15番パー3ではティショットをピン1.5メートルにつけるスーパーショットを見せて、この日5つ目のバーディとした。
 ラウンド終盤でも小田の勢いは変わらない。17番で2メートルのパットを沈めてバーディを奪うと、最終18番でも3メートルを沈めて連続バーディフィニッシュ。好調なショットを武器に日本屈指の難コースを制圧し、7バーディの猛チャージでリーダーズボードを駆け上がった。
 実は今大会を迎えた段階で身体的な不安を抱えていた小田。それは疲労の蓄積による肩こりのようなもので、バックスイングで肩が回りきらず、「自分でもわかるくらいトップの位置に入らない」状態だった。しかし、それも連日、普段よりも強めのマッサージを長時間受けることで徹底的にケア。この日の朝の練習ではショットの感触を取り戻すことに成功。逆転での大会制覇へ、万全の状態でこの日のラウンドを迎えた。
 小田をこれほどまでに駆り立てるのはメジャー、つまり“日本タイトル”への強い思いだ。「何勝しててもメジャー獲ってないとは言われたくなし、やっぱりメジャーというのは大きい」。昨年の国内メジャー「日本オープン」では単独首位で最終日を迎えるも、結果は無念の2位。「日本プロというタイトルなのでどうしても気合が入る。でも、日本のプロの頂点を決める大会なので、ぜひ獲りたい」悲願のタイトル奪取へ、最終日はキャリア2度目の逆転優勝を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>