「Be‐K」シリーズの高級モデル機種!(写真は、サイクロン掃除機「TC‐EXD10P」)

写真拡大

三菱電機は、掃除の負担を軽減し、使い勝手も向上させたコンパクト掃除機「Be‐K(ビケイ)」シリーズの高級モデル機種として、床ブラシの機能を向上したサイクロン式掃除機「TC‐EXD10P」と、業界最軽量を実現した紙パック式掃除機の「TC‐FXD10P」を、2014年6月21日に発売する。

紙パック式の「TC‐FXD10P」は、業界最軽量の本体質量2.4キログラムの実現により、棚の上や階段などでも、本体を持ったままラクに掃除できる。

新たに採用した、強力吸引とカンタンお手入れを両立した「Wクリーン自走式パワーブラシ」は、床ブラシ内に2つの吸込口を採用し、床ブラシ両端部のゴミまで強力に吸引するようパワーアップ。また、回転ブラシにからまった髪の毛などを簡単に取り除ける新「毛がらみ除去機能」を搭載した。新しい「継ぎ手機構」の採用で、ベッド下や家具のすき間もラクに掃除できる。

また、掃除の中断を検知して自動でパワーダウン。その後、約30秒中断が続くと自動的に運転を停止し節電する「スマートSTOP」機能を採用したほか、リサイクル樹脂材を本体ケースや内蔵部品に使用して環境に配慮した。

本体カラーは、サイクロン掃除機の「TC‐EXD10P」がシャインバイオレット、紙パック式掃除機の「TC‐FXD10P」がプレミアムホワイト。

いずれも、オープン価格。