(2013年9月に撮影) ファッションイベントに出演していた、与沢翼氏

写真拡大

かつては「秒速で1億儲ける男」と呼ばれたが、4月に破産したことをfacebookで報告した与沢翼氏が5日、「メッセンジャー&なるみの大阪ワイドショー」(毎日放送)にゲスト出演した。

登場後すぐ、司会のなるみに「よくノコノコきましたね」とツッコまれるも、「リッチな生活にはもう飽きていた」などと現在の暮らしぶりと心境を落ち着いた口調で告白した。

番組は事業が順調であった時代の与沢氏のプライベート紹介にも及び、毎晩のパーティには有名アイドルも来ていたことや、度々メディアに2ショットで登場した当時の恋人(山田るり子氏)の他に4人の愛人とも同時に付き合っていたことを自ら暴露した。

司会のメッセンジャー黒田に「ヤバすぎるヒルズ族」から「ヤバすぎる超ピンチ」に転落したと紹介された与沢氏は現在31才。個人の月収が手取りで月5000万円あった当時を振り返りながら、食事や飲み代に一晩、数百万円の散財を繰り返していたことを語った。

しかし、現在は質素な生活をしており、1億円超えの高級外車は営業用レンタカーに、月約800万円の家賃は家賃0円(友人宅に転がり込む)に、さらに一晩数百万円の飲み代は慎ましい節約料理へと変化したという。

番組終盤、定番のスーツスタイルから、ネルシャツ、チノパンというカジュアルな服装に無理やり着替えさせられた与沢氏にはスタジオで大きな笑いが起こった。現在も六本木などを歩くと、まわりから陰口や写メのシャッター音が聞こえるが、与沢本人は「まったく気にしない」と語った。

【関連記事】
「一晩500万円」で誘われたことも…バブル時代を経験した芸能人が伝説の真相を語る
SMAP中居正広も驚く、モデル・舟山久美子の副業 2日で9,500万円の売上
元モーニング娘。の市井紗耶香、大人AKB応募は「大人の事情」だと告白