「Fタイプ R クーペ」

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年6月5日、新型2シータークーペ「Fタイプ クーペ」を発売した。メーカー希望小売価格は823万〜1286万円。

550馬力の最上級モデル「Fタイプ R クーペ」など3機種

「Fタイプ クーペ」は、13年11月に東京モーターショー、米ロサンゼルスモーターショーで世界初披露されたモデルで、ジャガーが約50年ぶりに投入した「Fタイプ コンバーチブル」に続くスポーツカーとなる。

強さと剛性を併せ持つ軽量アルミニウムボディーや、パワフルかつ優れたダイナミクス性能、一目でジャガーとわかる洗練されたエクステリアデザインが特徴。最高出力550馬力を発生する5.0リッターV8スーパーチャージドエンジン搭載の最上級モデル「Fタイプ R クーペ」を筆頭に、3.0リッターV6スーパーチャージドエンジン搭載で、最高出力380馬力の「Fタイプ S クーペ」と、同340馬力の「Fタイプ クーペ」の3機種をラインアップした。