松田龍平「松尾組楽しかった」、「恋の門」以来10年ぶり松尾スズキ作品に。

写真拡大

松田龍平を主演に迎え、7年ぶりに松尾スズキが長編映画のメガホンを取った「ジヌよさらば〜かむろば村へ」がこのほど、都内で無事クランクアップを迎えた。

「大人計画」主宰で、俳優、演出家、脚本家、映画監督、コラムニストと幅広く活躍している松尾が、「恋の門」(2004年)、「クワイエットルームにようこそ」(2007年)についで手掛ける長編の本作。松尾監督×松田は、「恋の門」から実に10年ぶりの再タッグだ。

原作は、いがらしみきおが「ビッグコミック」(小学館)に2007年〜2008年に連載していた人気コミック。阿部サダヲ、松たか子、二階堂ふみ、西田敏行らが顔を揃え、笑いとシリアスが絶妙にブレンドされた独特の世界感で、お金を一円も使わずに生きることを決意した主人公・武晴と、彼を支える村人たちとの奇妙な交流を描く。

本作の舞台となる、病院も学校も警察も郵便局もなくなった限界集落“かむろば村”として松尾監督が選んだのは、福島県河沼郡柳津町。5月7日に柳津でクランクインし、約1か月に渡る滞在ロケにて撮影を敢行、去る6月4日に都内にてクランクアップとなった。

現場は常に新しい演出を加えてくる監督と、それに食らいつき、テンションの高い演技を魅せる俳優たち、そして全力でサポートするスタッフらにより、緊張感溢れながらも、絶え間ない笑いに包まれていた。

最後に監督から花束を贈呈された松田は、「メインロケ地の福島でアップしたかったなぁという気持ちもありますが、楽しかったです。『恋の門』以来、10年振りの松尾組でしたが、撮影が終わって、今振り返ってみると、10年前よりも客観的な視点を持って現場にいれたかな、という気がしています」と自身の成長も手ごたえとして掴んだ様子。

撮影中は「台本に書かれていない事が、演出として次々と松尾さんから出てくるので、どのシーンも刺激的で楽しく、それゆえ不安もありました」と語り、「頑なにお金を使わない武晴を、周りの一風変わった人たちが、なんとかして助けようとする、いい話になっているのではないかと思います。僕自身、仕上がりが楽しみです」とクランクアップに際しての想いを締めくくった。

また、かむろば村の村長与三郎を演じた阿部サダヲは「撮影は朝早い日が多かったのですが、時間の流れが良くて、とてもいい過ごし方が出来ました。松尾さんとは、長編映画で組むのは初めてでしたが、映画でも舞台でも演出の仕方は変わらないので、安心して挑めました。あと、松尾さんが元気そうなので良かったです」とコメント。

与三郎の妻亜希子を演じた松たか子は「撮影は町のあらゆるところを活用させて頂けて、集中して出来たので、とても幸運だったと思います。柳津の町に溶け込ませて頂いて、馴染ませて頂けたのが良かったです。松尾監督らしいアクセントのある演出や要望に、求めて下さることが嬉しくもあり、毎日『今日はどんなことを言われるのかな?』とワクワクドキドキしていました」と充実した撮影期間について語った。

クランクアップ直後、松尾監督は「すごく濃いメンツに集まってもらい、今までにない演技をしてもらいました。完成を楽しみに待っていてください」と、自信を覗かせている。

また、今回のクランクアップにあわせ、“かむろば村”の住人たちに異色のキャストたちが集結していることが判明。スーパーあまので働くいそ子役に片桐はいり、温泉旅館の女将奈津役に中村優子、旅館の板前勝男役にオクイシュージ、田植えを教えるみょんつぁん役にモロ師岡、かむろば村・助役に村杉蝉之介、その妻に伊勢志摩、美人局をするチンピラ青木役に荒川良々、隣接する町の議員・青砥に皆川猿時と、豪華出演者が顔を揃えている。そして松尾監督自身も、ヤクザの多治見役として重要な役どころで出演している。

「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」はこれから編集作業に入り、2015年の春公開の予定だ。

☆「ジヌよさらば〜かむろば村へ〜」ストーリー

銀行勤務ながらお金恐怖症になり、会社を辞め、東北地方のとある寒村にやってきた主人公(松田龍平)。お金を一切使わない生活を目指してやってきたその村には、隠された過去を持つ異常に世話焼きな村長(阿部サダヲ)と美しいその妻(松たか子)、東京者に興味津々の女子高生(二階堂ふみ)、自ら“神様”と名乗る老人(西田敏行)など、想像をはるかに超える、濃い村人たちがいた。お金に背を向けながらも村人たちに支えられ、主人公の暮らしは、思わぬ方向に走り出してゆく。果たして人は、一銭も金を使わずに生きていけるのか?