菅山かおる(2011年5月に撮影)。スタンド席から、夫・西村晃一選手のプレーを応援

写真拡大

2日放送のバラエティ番組「私の何がイケないの?」(TBS系)に、バレーボール元日本代表の菅山かおるが出演し、結婚後の私生活を明かした。

菅山と言えば、その美貌からメディアなどで「かおる姫」の愛称で親しまれたバレーボール選手。2008年に室内バレーを引退して、2009年にはビーチバレーに転向した。2011年には同じビーチバレー選手で、現在の所属事務所社長・西村晃一氏と結婚し、その後二児を出産している。

番組では、社長夫人となった菅山がタワーマンションで優雅に暮らす様子が明かされる一方、オシャレにうるさい夫に服装をダメだしされる場面もみられた。

菅山は室内バレーの現役時代からファッションにも無頓着で、交際当時もデートの待ち合わせにノーメイク、汚れたスニーカー、Tシャツ姿で現れたという。

バレー界のファッション番長として、雑誌やファッションショーでも活躍している西村は、それが気に入らないらしく、買い物の際には自分が納得するまで、菅山に試着を繰り返させるという。菅山は着せ替え人形のように大人しくするも、西村のセンスを理解しきれないようだった。

そのストレスからか、菅山は肉や炭水化物をよく食べるようになったそうで、6人前の料理を平らげる姿も放送された。菅原は、バレー現役時代に比べて、体重が最大で17kg増量していたことを告白。その後も、恐怖から体重を量っていないため「もっと増えているかも…」と明かした。

太りすぎた菅山を痩せさせるため、西村は毎日3時間のバレー練習を課しているそうだ。なお、菅山はビーチバレー選手としての復帰も視野に入れているという。

スタジオで、司会のくりぃむしちゅー・有田哲平が「今まで世間知らずだったという認識から、(西村が)そういうこと(服の試着など)やられると思うんですけど。どうですか?」と聞くと、菅山は「あまり気にしていない…」と答えるのみ。司会で、バレー経験者の江角マキコが「まあバレーボールの時、もっとキツイこと言われていますものね」とコメントすると、菅山は納得したように頷いていた。

菅原の夫・西村は、2013年のJBV(日本ビーチバレー連盟)ポイントランキングで1位に輝く優秀な選手。さらに、社長を務めるマネジメント会社WINDSは、設立から12年を迎えるなど、安定している。一見厳しく見える態度に菅原が納得するのは、西村の高いマネジメント能力があればこそなのかもしれない。

【関連記事】
「大難産」かおる姫が出産報告、第1子は体重3,804gの大きな男の子。
ビーチバレー・菅山かおる ふっくら美貌の妊婦姿をパチリ
かおる姫、アメリカ滞在中に結婚